入国手続き・税関入国審査と税関手続き

2015年4月8日

入国手続きは初めはかなり緊張しませんか?ここでは税関入国審査と税関手続きについても解説します。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

日本に帰国した際、空港では入国審査と税関手続きが必要となります。

  • 入国審査
  • パスポートを提示し、帰国のスタンプを押してもらう。
  • 税関
  • 最後に通過するのが税関。記入した「税関申告書(携帯品・別送品 申告書)」を提出する。免税範囲を超える人は赤ランプのカウンターへ進もう。
  • 赤いランプと緑のランプ。
  • 入国審査を終えてターンテーブルで荷物を受け取ったら最後に税関を通る。
    申告する物が無い人は緑のランプがついているカウンターで、記入した「税関申告書(携帯品・別送品 申告書)」を提出する。
    申告する物が有る人は赤いランプのカウンターへ向かってください。赤ランプのカウンターでは、機内で記入した「税関申告書(携帯品・別送品 申告書)」を提出します。
    旅先から日本へ荷物を送った場合は申告書を2通提出し、1通に確認印をもらうこと。
    その後、簡単な審査の後、所定の場所で税金を納める。
    緑ランプのカウンターでは、審査官からパスポートと記入した「税関申告書(携帯品・別送品 申告書)」の提示を求められ、どこから帰国したのかを尋ねられる。たまにバッグを開けて検査をすることがある。
    出入国管理の管理に関しては、国によっても違いがありますし、時期によっても警戒度が異なっていたりするのですが大まかな内容はこんな感じでしょうか。