自分で簡単にできるエアコン掃除術

自分で簡単にできるエアコン掃除術

久しぶりにエアコンをつけたら、もわっと変な臭いがする風が部屋いっぱいに広がった、という経験はありませんか?

スポンサード リンク

エアコンの臭いの原因

エアコンの変な臭いの原因は、エアコンの中に“たまったホコリ”です。
もっと詳しく言うと、たまったホコリの中に潜んでいるカビやダニ、雑菌です。

掃除をしていない、ホコリで汚れたままのエアコンを使い続けると、カビ・ダニ・雑菌で汚れた空気を吸い込むことになりますから、アレルギー症状を引き起こします。

例えば、タンのからんだ咳がゴホゴホと止まらなくなったり、風邪で寝込んでしまったりと、病気になって倒れるリスクが高くなります。
エアコンから出てくる、あの変な臭いは、病気やアレルギーの危険信号なんです。

ですから、エアコンの変なニオイやエアコンの汚れに気がついたら、すぐにエアコンを掃除をしてきれいにしましょう。

でも「エアコンの掃除って、どうすればいいの?」と悩みませんか?

エアコンの掃除費用

ハウスクリーニング業者に頼むのが早いしラクですが、エアコン1台あたり8千円~1万円のお金が掛かりますし、いくら業者でも知らない人をあまり家に入れたくないこともあるでしょうから、できれば自分でエアコン掃除ができれば一番いいですよね。

そこでおすすめしたいのが、『自分で簡単にできるエアコン掃除術』です。
自分で簡単にできるエアコン掃除術
『自分で簡単にできるエアコン掃除術』は、ハウスクリーニングのプロとして、年間500台以上のエアコンクリーニングを行った私の経験を元に、エアコン掃除の基本を徹底的に解説した教材です。

この教材では、エアコン掃除に必要な道具の紹介から道具の使い方、具体的な掃除の順番、掃除でエアコンを故障させないために重要なポイント、エアコンを効率よく掃除できる超便利グッズの紹介など、初めての方でもエアコン掃除が簡単に始められるような内容になっています。

さらに、エアコンのフィルターや内部にたまった汚れを掃除すれば、電気代の節約にもなりますから、空気もきれいになって一石二鳥です。

「自分にはエアコンの掃除はできない」と、あきらめていたあなたも、この1冊の教材があれば、今日からエアコン掃除ができるようになります。

自分でいつでも好きな時にエアコンを掃除できれば、お部屋の空気は、いつも爽やかできれいなまま。

そんな快適生活を今日から始めてみませんか?
PDF113ページ

ご覧頂き、ありがとうございます。
『自分で簡単にできるエアコン掃除術』が売れるポイントをお話しします。
自分で簡単にできるエアコン掃除術

    ①「貯金ゼロ世帯」が約3割に増加!
    金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、「貯金ゼロ世帯」が30.9%に達しました。
    さらに消費税が10%になれば、節約志向の家庭は増え、
    エアコンのクリーニング代(1台につき1万円前後)を支払うのは困難になると思われます。

    ②カビやダニ、雑菌による病気・アレルギーのリスク
    カビ、ダニ、雑菌で汚れたエアコンの空気を吸い込めば、病気やアレルギー疾患を引き起こします。
    特に日本は、下記のようにアレルギー疾患を持つ人が多いと言われています。

    • アレルギー性喘息の患者数:約700万人~800万人
    • アレルギー性鼻炎の患者数:約2,000~3,000万人
    • アレルギー性結膜炎の患者数:約2,000万人
    • アトピー性皮膚炎の患者数:約40万人

    これらアレルギー疾患の主な原因は、ダニやカビです。

    またカビは【アスペルギルス症】という病気を発症させます。
    この病気は、肺をカビだらけにしてしまい、最終的には呼吸困難などを起こして死に至ることも
    あります。
    推定潜在患者数は全国で20万人以上もいると言われており、決して珍しい病気というわけではありません。

    アスペルギルス症の治療は難しく、悪い条件が重なると死亡率は約50%にもなり、
    特に糖尿病やストレスで免疫力が低下している人は感染リスクが上がります。
    このような病気で長期入院になれば、仕事を休むことを余儀なくされ、解雇されるケースも出てきます。

自分で簡単にできるエアコン掃除術

  1. 1年中需要がある
    エアコンは春夏秋冬問わず、一年中使いますから季節に関係なく掃除が必要です。
  2. 電気代の節約にもなる。
    エアコンのフィルターや内部の汚れを掃除すれば、電気代の節約にもなります(冷房効率が上がるので)。
    電気にガス、日用品が全体的に値上がりしている昨今だからこそ、電気代の節約につながるというのは大きなアピールポイントになります。
  3. ※注意点※
    夏の猛暑日にエアコン掃除をすると、その間はエアコンが使えないので、脱水症状や熱中症を引き起こす原因にもなります。
    朝方や夕方の涼しい時間帯や、真夏は掃除を避けて春や秋、6月の終わり頃に掃除をするなどタイミングを工夫して頂ければと思います。
    自分で簡単にできるエアコン掃除術

2018-08-01 小杉 明久

コメント

広告楽天ウィジェット