日本で、泥酔客からクレジットカードを奪って不正使用していた外国人経営者。


日本で、泥酔客からクレジットカードを奪って不正使用。
クレジットカードで虚偽の飲食代数十万円を清算した疑いでの外国人経営者逮捕。

スポンサード リンク

事件概要

  • 泥酔米人、寝込んだ間にカードで200万円…(2013年5月17日12時08分 読売新聞)

    日本の警視庁が 2013年5月16日にシエラレオネ国籍で新宿区歌舞伎町の飲食店と、ナイジェリア国籍で歌舞伎町の飲食店の店舗の容疑者2名を『を電子計算機使用詐欺(架空請求)容疑』で逮捕したと発表した。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130517-OYT1T00484.htm

  • 日本に旅行に来た外国人の犯罪

    この両方の容疑者は、日本に旅行に来ていたアメリカ人男性が、
    アフリカ系外国人が経営する店で泥酔して寝込んでいた所、
    加害者の店舗他3店でトータル200万円のカード不正利用支払いが使用されていたとのこと。
    この店舗では客を酔わせてクレジットカードを奪い複数の店舗で生産していた疑いが他にも持たれているとのこと。
    警視庁によると、およそ1500万円を騙し取っていた疑いがあると見て調べています。
    カードが盗まれたことにより2軒以上の店によって払う手段に使われたとが考えられて、他の余罪が無いか調査が行われるようです。

    外国人同士でも日本国内では、このようなことをしているというのですから、
    おっかないことこの上ないですが、旅行先で、200万円も不正に利用されていては、とてつもない気分でしょうね。

    コメント

    広告楽天ウィジェット