大阪市立桜宮高校で体罰を受けた男子生徒自殺した問題を巡り、橋下徹大阪市長を叩くメディア報道が多くなってきた。

大阪市立桜宮高校の体罰の異常性はいうまでも無い。むしろこんな学校に入りたいという生徒がいることの方も問題だと思う。体罰を受けた男子生徒自殺した問題を巡って橋下徹大阪市長の強硬な姿勢をを叩くメディア報道が多くなってきたのだが果たしてマスゴミは体罰を容認というよりも、体罰ありきなのはメディアの気がしてなら無い。

桜宮高問題巡る橋下市長の発言が過熱

(2013年1月20日 読売新聞)

高校時代に自らも厳しいラグビー部生活を送った橋下市長は、問題発覚後も「試合中にビンタすることはあり得る」などと体罰を容認する発言を続けた。だが、12日に遺族宅を弔問した後、「スポーツ指導での体罰は一切認めない」と一転。3日後には同高の体育科とスポーツ健康科学科の募集中止を打ち出し、「場合によっては廃校もある」とまで踏み込んだ。
入試が2月下旬に差し迫った時期だけに、市議会からは「市長の発言が事態を混乱させている」と批判が相次ぎ、「教員を入れ替えろと言うなら、まずは体罰を容認してきた自分が責任を取るべきではないのか」との声も上がる。
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130120-OYT8T00384.htm

まぁ『「教員を入れ替えろと言うなら、まずは体罰を容認してきた自分が責任を取るべきではないのか」』は反論としては痛いところ突いてる気がする。橋元徹市長は、今回の事件直後には体罰は起きうる」と発言していた人物だから・・・しかし、体罰があるからといって、自殺に追い込む暴力と、注意されても3日後には体罰病がまた再発する教師とか学校は必要ないだろう。むしろこういう非常識がおきているからこそ市長が強気な態度で攻めていると思うのだが。

ひとまず、読売新聞が、主張したがっているのが、教員入れ替えの否定派の各種 大学教授などの声を掲載しているが、橋元市長がやろうとしているのは体育科が焦点であって、今回の入試全てをやめろとか、そういう条件ではなかったはずなので、この記事に書かれていることが橋元たたきの論調でしかないことはいうまでも無い。きっと読売新聞は体罰肯定派なんだろうなと思ってしまうが或いは利権でも絡んでいるのだろうか。又は橋元叩けば潤うのか?

入試中止要請 大ナタの振るい所が違う

2013.1.20 03:14
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130120/lcl13012003150001-n2.htm
体育科の学校は、大阪市立、府立で他に体育系学科が3校だけとなっているが、大阪市って兵庫県とか京都も比較的近県であろう。むしろ選択肢広げればいいだけで、それは各家庭の事情とかだけで看破できないような人であれば、それまでの人生でいいと思うんだが。もともと受験という物が競争であるはずなのに、進路希望校が1つ消えただけで、ぶーぶーぶーたれている論調が理解できない。むしろ他の高校も含めて、競争率が高くなるだけだとしか思えないが入試受付が間に合わないとかそういう話ではないのですよね?むしろ進路の選択の保障まで責任もてとかいうのであればこれこそ本末転倒な思考回路だと思うのだが。普通に考えたら入試の受付とかの機関を延長してでも広い集めるくらいの救護策とかでいいと思うんだがなぁ。というか普通に体育学科とかしか受けない生徒ならどうせ重複して申し込んでいるだろうし・・・。
本当あほらしい論調だ。

体罰教師の暴力で人が一人自殺に追い込まれた事実。
このことの実態が解明されていない。加害者の実態の調査と責任追及もまだ行われていない様子だ。
体罰で自殺に追い込む事は、殺人と動議だろう。
「本人が死ぬとは思わなかった」というのがまかり通るのであれば、「体罰の名の下で行われる暴力」で自殺者をだしても罪に問えないのか?という話になる。
ひとまず今回の件は学校という組織に問題がある点も残っている。もしかすると体罰教師が他にも居るのかも知れない。
万一ここで清算することなく、このまま通常どうりに学業を再開してまた体罰がおきようものなら、それこそ収集つかなくなるだろう。

コメント

格安スマホ