香港版マリー・アントワネットの暴走

香港版マリー・アントワネットの暴走というか世界に対して配信してしまっている時点で痛すぎる。

バカ女が香港で誕生したらしい。
これで更に中国人の悪名が広がることになりそうだ。

香港・梁行政長官の娘 デモ隊を挑発し炎上「美しいドレスは税金で買ったもの」

夕刊フジ 10月4日(土)16時56分配信

香港の梁振英行政長官の娘が、自身のフェイスブックに「美しい靴やドレスはすべて税金で買ったもの」

娘はフェイスブックのプロフィル写真に掲載したネックレスを「犬の首輪」と批判されたことに激怒。「このネックレスは、香港の納税者のみんなのお金で買ったものよ。

私の美しい靴とドレス、クラッチバッグもすべて。どうもありがとう!」と書き込み、「私のことを攻撃する人のほとんどは失業者だろうから“みんな”じゃないけれど」と挑発したという。

「私のことを攻撃する人のほとんどは失業者だろうから“みんな”じゃないけれど」
この発言は舐めきっている
ただでさえ香港は地価物価の高騰で貧富の格差が激しいのに失業者に対して喧嘩を吹っかけるとか命知らずもはなはだしい限りだ。(日本でも阿部政権が解雇特区とか繰り広げようとしているので似たようなものではあるが)

 娘は22歳で英国留学中だった今年はじめにも、有力紙編集長襲撃事件をめぐる投稿で炎上したばかり。“香港版マリー・アントワネット”の暴走に批判が集まっている。
引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000015-ykf-soci

英国留学中でも中国人は、国際的な価値観を見出すことは出来ないようだ。
というよりもこの程度の人材が海外にいけることの方が問題だとも思う。

梁振英行政長官という人物が気になったので調べてみた。

香港行政長官、デモ隊との対話方針示す 辞任は拒否

【AFP=時事】香港(Hong Kong)で民主派デモ隊が5夜連続で政府本部を包囲する中、辞任を求められている梁振英(Leung Chun-ying)行政長官は2日、辞任要求には応じない構えを改めて示した一方で、デモ隊との対話のため政府高官を派遣すると発表した。
 1週間におよぶ座り込みで香港中心部を封鎖した大規模なデモ隊は、梁長官の辞任と、中国政府による完全な民主主義の保証の期限を3日午前0時(日本時間同1時)としていた。
中略
一方で梁長官は譲歩も見せ、今回のデモに参加している複数の組織の一つ、香港大学生連合会(学連、Hong Kong Federation of Students)との対話の担当者として、林鄭月娥(Carrie Lam)政務官(閣僚)を任命すると発表した。

中略
またデモの中心組織であるオキュパイ・セントラル(占領中環、Occupy Central)も、当局と学生との対話が「現在の政治的こう着状態に転機をもたらす」ことを願うとして梁長官の提案を歓迎する一方で、梁長官の辞任は引き続き要求していくと強調した。
ソース元

ただでさえ香港の混乱を真似ている人物の娘が冒頭の発言をしたと有ってはこれはブチぎれるものだろう。
というか香港も中国共産党も戦後70年くらいたつのに、根っこでは、大差ない文化に思えてしまう。
中国人は中国人という感じが強い。

コメント

広告楽天ウィジェット