大阪市立桜宮高校(都島区)の男子バスケットボール部の顧問による自殺事件 元々の体罰は校長も教育委員会には報告せず

大阪市立桜宮高校(都島区)の男子バスケットボール部の顧問による自殺事件で教師を、かばうため体罰を報告しなかった校長というのだから、この教師達全てが、暴力を隠す学校となると信用ならんと思うのだが、校長も辞任しないのか?校長も体罰教師も、逮捕されてしまえばいいのにと思う。
生徒が教師に暴行すれば事件にするような輩がこぞって世の中には居そうだ。
教師が暴力振るうケースはお咎め無しな学校現場ってこれはちょっと問題が犯罪だろう。

教師かばうため体罰を報告せず

バスケットボール部以外に、バレーボール部での体罰も明らかになった大阪の市立高校の校長が10日夜、記者会見し、去年11月にバレー部で体罰が行われていたことを謝罪したうえで、教師をかばうため、この事実を市の教育委員会に報告していなかったことを認めました。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130111/k10014729971000.html

というか校長までは認識していた体罰だったらしいというのだから呆れるし生徒が死にたくなるのも解る気がする。学校で、助かる術がどこにも無いだろう。校長も刑事罰科されても良い度合いの悪行だと思うんだが。

これについて佐藤校長は、「この顧問は以前にも体罰で処分を受けているので、報告すると次はもっと重い処分になると将来を心配した」と述べ、顧問をかばってのことだったと説明しました。


校長が「もっと重い処分」を恐れるとか意味が解らない。むしろ犯罪者を隠匿した罪に問われるべきだし、犯罪を助長させたという意味でも裁かれるべきだろう。

30発から40発なぐられた

captain-yamero


母親の証言で 顧問にキャプテンを辞めろといわれても続けていた。
30発以上殴られている様を副顧問二人も黙認。

→市の教育委員会への報告は数発程度だったと報告


謝罪すらしていなかった教師。体罰とは認めたらしい。

通夜の際に謝罪したと市の教育委員会には報告していたという嘘

体罰は認めても謝罪はしなかったということは、関係性を否定することだろう。
その後で、数日後に謝罪したとなっている。要するに通夜の際は平然として通夜に参列していたことになる。

おととしにも体罰があったのにも関わらず再発防止が出来なかった学校側の致命的な責任は大きいと思う。体罰教師をかばうため体罰を報告していなかったというのだから呆れる。これは庇うじゃなくて共犯だろう。犯罪は通報しないと駄目なのに教育現場がここまで腐っていたら終わりだ。

■桜宮高校校長 バレー部顧問の体罰 市教委に報告せず

バレー部顧問の男性教諭(35)は去年11月、練習でミスが続いた1年生の男子部員の頭を平手で2回叩いたということです。
この男性教諭はおととし、バレーボール部員6人に対して、体育館の倉庫などでおよそ250回叩いたり蹴ったりしたとして、停職3か月の懲戒処分を受け、去年の春に復帰していました。
http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE130111174900647370.shtml

この体罰教師は明らかに、二人いることになる。バスケ部以外にもバレーボール顧問の暴力教師が居るというのは、逆に今回の問題がどういった形かで終了したとしても、在校生徒は気が気で無いだろう。大阪市立桜宮高校には一体どれだけ暴力教師が居てどれだけの数今まで暴力振るわれた生徒が居るのかという最悪な問題が残っていると思う。
万一、市とか教育委員会が判断間違えれば、またどこかで惨事を引き起こしそうな病巣なので暴力は、徹底排除するべきだろう。

コメント

広告楽天ウィジェット