チノパンと同様の事故を起こして逮捕を拒否する事は一般人には不可能。

 えんためにゅーす4324086567/”51fIgDVkdnL._SL250_.jpg” alt=”自転車事故過失相殺の分析―歩行者と自転車との事故・自転車同士の事故の裁判例 ” align=”left” border=”0″ />
チノパンと同様の事故を起こして逮捕を拒否する事は一般人には不可能だと思う。これは有名人だからという警察の不平等な理論によってだ。逆に一般人だったら逃亡するのか?という問題もあると思う。

「チノパン」事故に類似する事故を起こしてしまった場合、逮捕は拒めるのか

元フジテレビのアナウンサーであり、「チノパン」の愛称で親しまれていたフリーアナウンサーの横手(旧姓千野)志麻さんが今月2日に静岡県沼津市の駐車場で起こした死亡事故について、沼津署は横手さんを書類送検する方針を固めたと報じられている。

一方、別件の報道では、今月5日に神奈川県相模原市で無職の女性が駐車場で車をバックさせた際に女性をひいた死亡事故が起きたが、この事故では運転していた女性は現行犯逮捕されたようだ。

それぞれの事故の詳しい状況は不明だが、事故現場が駐車場であったこと、容疑が自動車運転過失致死であることなど、あくまで報じられている内容だけを見れば類似した事故であるようにも思える。しかし、前者の事故では加害者は書類送検、後者の事故では現行犯逮捕と、警察の対応は異なっているのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130110-00000303-bengocom-soci

  • 逮捕は現行犯で逃亡の恐れがあるかないかが分かれ目になる
  • との事。

  • 罪障隠滅隠ぺの可能性が無ければ現行犯逮捕はされない。
  • チノパンこと横手(旧姓千野)志麻が逮捕されなかっことに関しては著名人であったことが挙げられている。

    逮捕されなかったからといって必ずしも逮捕された場合よりも科される刑罰が軽くなるということではないので、この点は誤解しないよう注意が必要である。

    となっているが逮捕されて身柄拘束されて留置場にぶちこまれたら最長20日間ぶちこまれる。
    この間、外との連絡は取れない。
    普通の職業の人なら職を失うよ。ストレスも抱えることになる。不安だらけで変な自供をやりかねないとも限らない(冤罪)
    img src =”https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/?pc=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fbook%2fcabinet%2f3240%2f32408656.jpg%3f_ex%3d300x300&m=http%3a%2f%2fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2f%400_mall%2fbook%2fcabinet%2f3240%2f32408656.jpg%3f_ex%3d80x80″ border=”0″ align=”right”>
    これが有名人だから OKで一般人だったら交流されないというのは差別じゃないか?
    弁護士探して弁護士つけることも出来る。一般人がいきなりぶちこまれたら国選弁護人しか選択肢は無い(雇える弁護士の連絡先でも知っているのであれば別だが。)。もうこの時点で差別ありまくりだ。国民に平等な対応と権利を与えていない。
    犯罪の容疑がある人間の身柄を交流する必要性は解るが、だが条例だとか交通法を破った程度のことでも身柄を拘留される事は有るわけだ。重大な犯罪だとか強盗とか不法侵入といった容疑ならまだ身柄拘束はやむを得ずとは思うがなんというか日本の警察は不平等で凶悪としか思えない。国民の平穏を一番破壊しかねないのは警察官だとも思える。

    逃亡の恐れ云々よりも、無実か有罪か確定する前の身柄の拘束に関して有名と無名だからで天秤が分かれる事はちょっと頂けない。
    交通事故もそうだが、痴漢冤罪とかは誰にでも降りかかる可能性があるような事件は多数あるだろう。 犯罪と縁がなくても、加害者としてしょっぴかれる可能性があり留置場に拘留される可能性がある以上、こういう中途半端な線引きで警察の法律が運用されていることはどうかと思う。

    コメント

    広告楽天ウィジェット