中国のベトナムに対する領有権侵害が侵攻中

battle kangaroo中国のベトナムに対する領有権侵害が侵攻中で衝突が起きている。南シナ海や東シナ海に対する侵略が、本当ウザイ国になってきたなと強く感じる。中国を海に出したら、それこそ汚染しまくりで中国の本土とおんなじことになりかねない気がする。海洋資源は根こそぎ狩るのだろうよ。

習政権の暴走にASEAN「反中」で結束も 蛮行の背景に海軍の権力争いか-

夕刊フジ(2014年5月8日17時12分)

 習近平国家主席率いる中国が自滅の道を歩み始めた。ベトナムと領有権を争う南シナ海で、強引に石油掘削を始めたうえ、ベトナム船を追い払うために中国公船が何度も体当たりしたのだ。ベトナム当局は「報復もあり得る」とけん制しており、米国務省も「挑発的だ」と強く非難した。南シナ海で同様の領有権問題を抱えるASEAN(東南アジア諸国連合)諸国が、今回の暴走をきっかけに「反中国」で結束する可能性もある。

 南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くの海域が熱くなっている。中国公船は今月2日から7日にかけて、掘削中止を求めるベトナム船に意図的に何度も体当たりしたり、激しい放水を加えるなど、暴力的威嚇を繰り返しているという。ベトナム当局によると、同国側の船員6人が負傷、8隻が損傷した。AP通信などが伝えた。

公開されたビデオ映像を見ると、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりした映像と酷似している。「力による現状変更」を狙う中国の体質がよく分かる。

http://news.infoseek.co.jp/article/08fujizak20140508006

ベトナムが主権侵害だとして海上保安船など約30隻を現場海域に派遣すると
中国は中国船約80隻を向かわせるという暴挙

海洋権益をめぐり習金平氏率いる中国指導部の行動らしい。
この一連の流れをアメリカが強く非難したところ
『中国外務省の華春瑩副報道局長は「ベトナム側は国際法などに違反し、中国の主権と管轄権を侵犯している」と掘削を正当化』

この一連の行動は中国の幹部が退任することによる後任をめぐる軍内部の権力争いという見方も有るとの事。正直これではベトナムはとばっちりもいい迷惑だろう。

中国産の食品も危険

コメント

広告楽天ウィジェット