2013年12月12日AM01時の都内の気温

2016年2月2日

2013年12月12日AM01時の都内の気温の結果がこれだ。

2013-12-12-am0100   Google SearchGoogle Search.png

最近は実に10度前後で推移している。昼間でもそんなに気温は高くならず15度を超えていない気温だ。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

ECサイトのランキングでファンヒーター需要が上がっていることは分かるが近所の路上で放置している粗大ごみに電気ファンヒーターを見かけたことがつい先日あったので買い替えも盛んなのかもしれない。
東京都内でも12月末日に雪がふったことがあったのが2005年くらいだろうか。
12月の都内でも0度になることは稀にある。
さすがにホワイトクリスマスはこの10年以上東京都内に居るが見たことは無い。
ただ府中市とかあたりの山奥あたりなら雪が降る可能性は0でもないだろう。
現に栃木や埼玉東京西部の方が標高が高くて寒いのだから、気温も下がりやすい。
どちらにしても原発事故以降は電気代が高い。それに釣られて化石燃料であるガスなどの値上がりも高い。
夏場は暑くて死ぬほどの気温には日陰に居て水分補給さえ適度にしていれば、そうそう命の危険につながることはないが
冬場はインフルエンザや風邪その他の病気と併発する可能性もあるので怖い。
電車通勤が主たる交通機関の日本の東京都においては、氷点下こそ草々気温が下がることはないが、それでも別の要素で生活リスクは高いのも事実だろう。
ことさら電気代が値上がり、消費税も値上がりということなので、ただでさえ高い家賃の東京都民の貧困層は生活にさらに打撃をうける気がする。年々東京都は住みにくい都市になっている気がしなくもない昨今なのでした。