東日本の食品は危険な2012年2月7日現在ですが

2016年2月2日

東日本に入ってきている食品は大丈夫だと思っていたりしませんか?
放射能被害は無いと思っていませんか?
なぜ危険なのかというと、この図を見てもらえばわかるはずだ。

  • 放射能汚染による格付け図|日本

  • http://tabemono.info/report/kakuduke_nihon.html

    http://tabemono.info/ のサイトの運営は「特定非営利活動法人 食品と暮らしの安全基金」というところらしいですが、まぁ一応信頼性としては不明ではありますが、個々人で判断してもらえたらいいと思うのです。

    スポンサード リンク


    《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


    twitterで他にめぼしいツイート見ていても・・・。

    東日本の殆どの地域の膨大な食品が安心して食べられなくなっている現実の中で、まだ止められない原発、他国に売ろうとしている原発。このとんでもない過酷なリアルの両極。今でも時々理解できなくなって混濁する。なぜみな日常をおくっているのだろう。おくれるのだろう。この国で。自分も。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/HyoYoshikawa/status/166843834968457216

    続き1:3号機のガス管理システム工事が今日からやっと始まった。もっと早くやるはずだったけど線量高くて出来なかったんだね。計画見直して遠隔台車使ったりワイヤーサポートタイプにしたり苦労が見えるよ。本来は配管が理想なんだけど、そんな作業してる時間ないからホースだし。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/Happy20790/status/166839499563872257

    続き2:それでも計画線量が20mSvだから作業場所は100mSv/h以上の高線量だね。今まで5号機でモックアップやってたから慌てなければ作業自体は大丈夫だと思うけど、何があるかわかんないから慎重かつ冷静にチームワーク良くやってくれる事を願ってます。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/Happy20790/status/166839582195843073

    続き3:たぶん作業員はタングステンベストとキッチンタイマー持って自分のミッションを行い、次にバトンタッチって感じなんだろうな。このような高線量エリアの作業はちょっと姿勢が変わるだけで被曝値が大きく変わるから線源の方向を常に頭に入れて作業しないとならないんだ。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/Happy20790/status/166839664823631872

    続き4:担当作業員には、とにかく冷静沈着かつ大胆にモックアップの成果出して欲しいです。そんなに高けりゃ遮蔽すればって思う人がいると思うんだけど。作業全体のトータルマンレム(作業でうけた被曝線量の合計値)を考えると遮蔽作業で沢山の作業員が被曝するよりもベターって作業もあるんだ。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/Happy20790/status/166840232187150336

    続き5:ただ選抜された作業員は当然たくさん被曝するんだけど、なんの保証も補償もないのが現実なんだよ。作業員の中にはお金目当ての人もいるかもだけど、ほとんどは与えられた仕事に対しての使命感、責任感、終わったあとの達成感を感じながら作業してるんだ。

    続き6:因みにお金に関しては去年12月の「収束宣言」以降から法的に緊急作業じゃなくなったから危険手当てが出なくなったり少なくなったりしてるんだ。これから先が建屋内の作業が始まって危険なのにね。去年の夏考えると、今年の夏なんか作業員来ないんじゃないのかなぁ…。

    https:%2F%3Ftag%3Da8-affi-73095-22twitter.com/#!/Happy20790/status/166840698350477313