性同一性障害について

2016年1月11日

このサイトは、GID ジェンダーアイデンティティディスオーダー 性同一性障害について一般の人の知識が希薄というか、正しい知識をどう考えても理解していないことにかなり腹立たしいことがたくさんあるので作ったサイトです。

SEXに関しては、自分の性別が、どちらに属しているのかは、性器が不明瞭でない限り、誰でも見れば区別がつきます。自己の認識でも、物心がつけば自分の性別が一般的にどちらの性別なのかは否応なしに理解するでしょう。

ジェンダーとは何ぞや

そもそもジェンダーとは文化的な性別を指します。

「男性はこういうものだ」
「男らしい特徴」
「男は仕事に生きるだとか」

「女性はこうあるべきだ」
「女らしいしぐさ」
「家庭的どか母性だとか」
など、状態的なものの他に社会的に求められている性別毎の役割なども指したりするようです。
服装などの性別の差異も含まれる。

国や地域の文化によってずれる物も状況に応じて異なったりもする。

ジェンダー(社会的な性別)と、生物学的な自身の性別(SEX)が相違している。

社会的な性別とSEXが違うという状態を指すのですが、簡単にいうと脳みそでは自分の性別がどっちかと言うことを認識はしているものの、ジェンダーがしっくりこない、あるいは異なる違和感を抱く状態を指します。

TSの場合、性器嫌悪だったりもするので、社会的な性別だけが解消されればいいのではといったことは除外して解説します。
異性装者の場合異なる

普通の人だとこの時点でそういう状態を認識するということがオカシイことなんだと思うのでしょうが、当人にしてみれば本気でそう思っているしどんなに変えようと思ってもかえれる物で無かったりします。

このことが何が問題があるのかということを一般の人に説明するのも結構めんどいのです。

それらを払拭させるための説明サイトとしての目的からこのサイトを作って見ました。
GIDジェンダーアイデンティティーディスオーダー