FXはギャンブルか?

FXがギャンブルとたまに比較される。
しかし最初から言っておくとFXはギャンブルでは無く為替である。
レバレッジの要素がギャンブル化するだけだ。
レバレッジをかければ比較的安全な金融サービスだ。
むしろ日本円だけで運用する方が圧倒的にハイリスクなのだから。

為替がFX

為替がFXということはあまり知られていない。
外国為替 (foreign exchange)という頭文字なのだ。
金融サービスのFXの特徴は、レバレッジをかけて運用可能ということ。
この点が外貨預金と大きく異なる。
現実でも為替とは切っても切れない関係だ。
為替がなければ、現代社会は成り立たない。食物や燃料、電化製品ありとあらゆる物が、国際間で取引されている。
ここで使われているのが為替であるため、FXがなくなる事は有りえない。
実体経済の取引や、金利や、政策など、通貨の価格はあらゆる要素で値動きするので、ギャンブルのように一かばちかというサービスではない。

円だけでは世界に通用しない

日本円を日本円のまま保有しているだけでも、ある種そのお金は通貨であるので、為替の概念にあてまらなくもない気がする。
もしも為替というサービスを一切利用していなければ安全というものでもない。
円の価値が暴落したら1万円が今の時点の1米ドルの価値しかなくなることも理屈としてはあり得るのだから。
為替をやらなくとも為替は知らないと損をするとも言える。
むしろ為替を理解しないで円だけで過ごしている法がハイリスクだ。
だからといってレバレッジを欠けたFX取引をお勧めするわけではない。
資産のリスクを減らす上で為替での運用は理屈に則っているということだ。
FX比較案内 http://fx-1.info/
為替(FX)がギャンブルだと言い切るのは、愚民政策の一環だろう。大衆が為替に投資したら、面倒になるのが誰かなのは少し感がれば分かる事だ。

FXのサービスでも

FXのサービスでもバイナリーオプションはギャンブルだろう。
上がるか下がるかの2択で外れたらかけた金額が全てなくなり、当たれば倍になる。
これは丁か半かを賭けている賭け事となんら違いない。手数料はきっちり取られているので目に見えて性質も悪い。
こういうサービスをFX業者が開始したりとたときは唖然としてしまった。
日本のFX業者も実にアザトイ会社が多い。
ペニーオークションを開始するような事業者と差はが無く感じる。

  • FXで原資が1万円のあなたでもプロトレーダーの手法でトレード
  • ギャンブルは遊戯

    ギャンブルは根拠が無い。
    五分五分といった確立のゲームだ。
    ここには実態経済なんかはまったく関係梨で、ゲーム参加者の駆け引きのみで成り立っている。
    思惑なども限定的だ。
    大抵の賭け事のサービスでは、宝くじもパチンコも全て賭け事であり、基本確実に儲かるのは胴元だけで参加者の欠けた費用は目減りしていく。


  • FXで原資が1万円でもプロトレーダーの手法でトレード