インターネット回線

インターネットの回線は様々あります。
昔は1995年あたりから、ダイヤルアップ回線のアナログ回線のネット接続から→ISDN→ADSLと、少しづつ速度が速く大容量になり、従量課金だったサービスが定額サービスになってかなり使いやすくなりました。ADSLは今までの接続サービスよりも圧倒的に高速なサービスだったのですが、他の電波の障害を受けて通信速度が遅くなったり、NTTの局舎から離れていると、速度が減衰したり、設置しようにもメタル回線が余っていないと利用できないというデメリットがありました。

光回線網の発展

そして次に光回線網が普及しはじめるのですが、最初は100MBPSという速度ということでADSLの理論値の実に2倍の速度を安定的名速度で提供可能というサービス内容だったので、理想的なネット接続サービスになりました。
その後2006年あたりから光回線が普及しはじめて安定した接続速度で大容量インターネットが利用可能になり今では1GBPS(1000Mbps)の光回線サービスも個人向けに提供されるようになっています。

パソコン 買取ならパソコンファクトリーがお勧めです

スマートフォンと無線環境の普及

さらに2012年現在ではスマートフォンなどのモバイル端末が増えipadのようなタッチパネル式端末も増え、モバイル回線も高速化しています。このことにより、無線インターネットサービスも普及し始めて、各店舗や建物のルーターと通信するWi-fiサービスの他に、Wi-Maxといった、アンテナと無線接続で高速な回線を利用可能なサービスも出てきています。携帯電話自体の回線も高速化はしてきているのですが、他の無線サービスと比較するとまだ実質的な速度は遅いことがデメリットとして見受けられます。

今後今現在ではフルHD画質の動画などもYoutubeやUstreamなどで配信されているので、インターネット回線は数百メガ~1G程度では普及していってほしいものです。
無線やモバイル回線に関しては、まだ発展途中という印象で、回線事業者ごとにトラブルもあるようなのですが、今後のインターネットを取り巻く環境はメリットデメリットも踏まえて変わっていく予感がします。
⇒フレッツ光で速度が出ないときの改善方法(プロパイダはソネットOCN、ニフティー等で):ぬふふ.com
ケーブルテレビは邪道です。
良い噂は聞かないのですが悪い評判はごろごろと聞きます。

お勧めの根インターネット環境

インターネットの回線は、光回線で、せめてBフレッツ かauやUSEN等の光回線の事業者のサービスを利用することをお勧めします。
無線サービスの提供エリアであれば条件さえ揃えば、wimax(理論値42mbps)という手もありますが光回線のサービスほどの品質はありません。
近い将来、NTTが銅線を全て光回線に切り替える設策をとっているので、ASDLは過去の遺物になる気がします。

今後のインターネットの期待

今では、アマゾンの「Kindle Fire HD」だけが、無料でインターネットが利用できる端末だ。
回線事業者と契約しなくてもアマゾンがドコモと提携していることで、Kindle Fire を持っている人は無料でドコモの回線のWi-fiが利用可能らしい。携帯と同等程度のエリアカバー率らしくこれが無料で利用できるというのは、相当画期的なことである。

Wi-Fi接続 通常のWi-Fiよりもストリーミングが早く、接続の安定性が高いデュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi(MIMO)。802.11a、802.11b、802.11g、または802.11n 標準規格を使用した、公共およびプライベートネットワークまたは無線LANスポット、パスワード認証によるWEP、WPAおよびWPA2セキュリティに対応。アドホックモード(またはピアツーピア方式)のWi-Fiネットワーク非対応


Kindle Fire HD 16GB タブレット(2012年モデル)

昨今インターネットは、混雑しているといわれている。
携帯電話の事業の回線がパンクしたりだとかは記憶に新しいところだが、スマートフォン端末が普及したことで、とにかく回線がネックになる。海外では定額課金を廃止して、従量課金を取り入れていく姿勢もあるだとかで、一時ニコニコ生放送の公式チャンネル関連の番組だったか、どこかの生放送かなにかで日本も従量課金が必要とされることが来るのではといった話題が話されてましたがどうなることやらですね。