RMT

オンラインカジノの換金は、オンラインゲームのリアルマネートレードに近いのが現在の主流らしい。
オンラインゲームの通貨やアイテム販売で行われるRMTは、運営が禁止していなければ、可能だ。

RMTと聞くと、ゲーム内の通貨やアイテムなど、何Mという単位でユーザー間の中に取引業者が入って売買されていたりする。
しかし大抵のオンラインゲームでこれらの行為は認められていない。

RMTが当然なサービス

リアルマネートレードが無いと成り立たないサービスも存在する。
代表的なサービスとしてはSecondLifeが挙げられる。
この中にはZINGOと呼ばれるカジノっぽいゲームが存在した。
現在でも各種アイテム売買などは、自作で作ったアイテム販売が可能で、普通に売買されており、アメリカ$に換金可能だ(オークション形式)。
公式サイトで売買できる。
ただこれらは生産がユーザーが出来ることや、土地を貸したり売買したりするといった事がありとあらゆる事がユーザーにゆだねられていることが挙げられる。
普通のオンラインゲームでここまで経済が自由なサービスは存在しない。今後も出てくるとは考えにくい。

オンラインカジノとの差

オンラインカジノはというと、ポーカーやスロット等の『ゲーム』とそのサービス内の通貨だけであり、何かを売買したりという事は直接は発生しない。
純粋にゲームということだけであれば、一般的なソーシャルゲームやオンラインゲームと差は無いのだ。
換金可能な種類のサービスが存在するという程度。

デジタルデータ売買は悪なのか?

ゲーム内のアイテムを買うのに現実のお金を使うのに、例えばその購入して手に入れたアイテムを販売していけない道理はどこにあるのだろうか?
例えば電子書籍を購入して、無制限にコピーして売買するのと、ゲーム内アイテムを普通な取引(ゲーム内取引)で売買する事は可能なサービスでその間に現実でお金の受け渡しがあったとしてもこれを止める事が果たして悪い行動なのだろうか?

前提として運営が禁止と打ち出しているサービスは大半ではあるが、トレードが可能なものを、一方的な運営の尺度で規制するには、神が掛かっている押し付けにしか思えない分野だ。理屈は大抵ゲームバランスを中心にした主張が殆どだとは思うが、納得できるものは意外と少ない。
ありとあらゆるサービスにおいては運営者が主張するルールに背いたら取引が停止(アカウント削除・没収など)はありうるので、このあたりはルールとの兼ね合いという点が存在する。

ここで問題にされる要素があるとすると、ゲーム内の通貨が換金できるか否かという点であるが、これらは各種サービスや、各々の国の法律などで是か否かは分かれる。


  • FXで原資が1万円でもプロトレーダーの手法でトレード