ステマ

ステルス・マーケティングの略語ステマについて解説すると、これは一般消費者に気付かれないように調査・操作することだ。例えばレビューサイトなど、サクラ或いはステマと呼ばれるレビューが割りと多い気がする。
インターネットが当たり前になって、
レビューサイトが有る程度の地位を固めて、
食べログなど大きなサイトでのステマが疑われたりそういう場所で暗躍する業者の存在があるなかで、
大手の色んな会社も黒い噂はつきまとっている。

インターネットとステマの関係

インーターネットには様々なステマが蔓延っている。
これは一重に書き込んだ人の素顔が見えないことに起因している問題だろう。

アマゾンのレビュー

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫) 問題のレビューページアフィリエイトタグ https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG263M+249K+BWGDT” alt=””>
これが、ステマなのかどうかは分からない。
ただしこれが販売サイド『ネタ』としての仕込みだったとしても、
或いはファン的な人による創作だったとしても、
レビュー自体が1件しかないので普通のユーザーIDでは無い事は濃厚な気がする。

アマゾン運営のみが、どこの誰が作ったIDなのかは知ることで他のユーザーからは判断できる要素が無いだろう。IDでtanakaというセンスもどうかとも思える。普通すぎて信用できる要素が無い。

他にも嫌韓が起きた頃などに、「不買運動」などでその後購入者のみの表示マークでレビューを分別しだしたアマゾンですが、ひとまず、レビューがいまいち信用が出来ない事は色んな事例を見ればある程度分かる気がする。

当然インターネット上のサービスのブログなどでも海外や日本国内問わず、商品をブロガーにプレゼントしたり謝礼を払ったりして好印象なレビューを書いてもらうという姑息な手段も時折問題視される。

2ch

にちゃんねるも現代でも書き込みではゲーム機器メーカーなどもどこどこのIPだったりということが露見していたりする。
他のジャンルでも名のある企業からのアクセスなども色んなリンクを踏む事でIPがばれてたりする事例は多い。

政治の舞台でもニコニコ生放送の配信などでコメント擁護しているアカウントの設定がIDをさらけ出していて赤っ恥を書いていた政党もあったりした。

  • ハロワ通い男 前職は質問サイトの自作自演と2ch書き込み
    2013.03.01 16:00 http://www.news-postseven.com/archives/20130301_173660.html
  • 【SONY】やはりステマ部門は存在していた ソース有り 2【PS3PSVita】
    http://dat.2aa.jp/ghard/1378620378.html
  • 大企業も弁護士もIT企業もイマイチろくなことしていない事象があるインターネットの今でした。


    はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ

    インターネットの書き込みがどれが正しいのかは一概には判断できないものが多い。
    出会い系サイトのサクラ行為が2013年度の時点でも逮捕事例があったりする印象なので、ネットで悪さをする人は多いだろう。
    ありとあらゆる面でステルスマーケティング以上に嘘がありふれているインターネットの情報は、信憑性があるものがなになのかということが判断できる物差しが閲覧者には必要に思う。