ウェブマネーとは

ウェブマネーとは一般的にはインターネット(web)で使えるお金の事を指します。ですがサービス名として使われているために、サービス名称のことを指すのか、あるいは電子マネーのことを指すのか混同しがちなので厄介な面がある単語です。

混同してしまいそうなので是正の意味を含めるとウェブサービスで使えるお金と同等のサービス名称を指す場合は、正しくは「電子マネー」が正しい。

株式会社ウェブマネー(英文名称:WebMoney Corporation)とは、東京都港区浜松町に本社を置く、ネット上などの仮想通貨を運営する企業。また、同社の仮想通貨である、プリペイド型電子決済サービスのブランド名称にもなっている。現在はKDDIの完全子会社。
なお、同社はサイト上をはじめ、電子マネーとしてのウェブマネーについては、専ら「WebMoney」の表記を用いることが多いが、同様のオンライン電子決済サービスとしてWM Transfer Ltd社が運営する「WebMoney」もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ウェブマネー

  • 電子マネーWebMoney(ウェブマネー)
    電子マネーWebMoney(ウェブマネー)
    電子マネーWebMoney(ウェブマネー)は、オンラインゲームや音楽ダウンロードなどインターネット決済で最も標準的なプリペイド電子マネー。コンビニで誰でも購入OK&個人情報不要でセキュリティ面でも安心です。
  • 電子マネー「ビットキャッシュ」
    電子マネー「ビットキャッシュ」
    電子マネー「ビットキャッシュ」
  • などが有名どころでしょうか。

    他にも広義の意味で使える、電子マネーには楽天キャッシュなどがあり、特徴としては自分のアカウントで使えるだけでなく他人のアカウントに送ったりすることができる特徴があるものを差します。

    換金化できる電子マネーが存在する反面、現金→電子マネーの購入は可能でも、電子マネー→現金化はできないサービスも存在しています。
    サービスの有りようとしては、電子マネーと現金は等価で換金ができれば便利なのでしょうけれども、法令との兼ね合いなどでなかなか一般的に換金できるサービスは少ない感じも受けます。

    逆にアマゾンギフト券のようなサービスは、インターネットサービスでお金と同等に使う事は出来ますが、
    一度ポイントをアカウントに結びつけると他人に譲渡したりすることが出来ない上に、
    Amazon以外の他サービスで使えたりしないことから、
    どちらかというと図書券や、各種(jcbやvisa、グルメカード)などのギフト券などと類似するサービス形態が近いと思うと分かり易いかもしれません。