中国企業の求人

最近の話題としてGoogleの中国への進出が挫折したことは、記憶に新しいとは思う。
このことの問題は、別の要因があったにしても、それでも中国の経済成長率は、目を見張るものが有る。

スポンサード リンク

中国企業の求人と国際経済の関係

I/516YHpWQi3L._SS160_.jpg” />

図解 これから伸びる中国企業地図 (1時間でわかる)

アフィリエイトタグ https://www18.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>
2000年以降、特に最近は中国の経済成長率は目を見張るものがある。ずっとGDP成長率は、ほぼ右肩上がりなのだ。
2008年世界不況(サブプライムローンの問題)の時にこそ下がっているもののそれでも8パーセントの経済成長率だ。
日本はというと、2000年以降は、0%近辺を低迷していて、2008年はマイナスにまでわれ込む始末。
しかも今の状況でも少子化や高齢化、若年層の職に付きにくいという労働環境の問題は、1990年代後半から一向に変わっておらず、人材派遣やアルバイトでフリーターをどんどん作り、団塊世代に代表される旧式の一部の高齢者にのみお金が回る仕組みで、泡を食らった形である。
当然今のままでは日本の未来は無い。
中国は2030年度までに向けで経済発展をさせるというプランを国策として考えているようである。

mixiアプリにみる中国企業の参加

でそれらとは直接は関係ないにしても、たとえば最近の出来事だとmixiアプリは、ほとんどのアプリケーション制作企業は中国の会社だ。
これは日本の企業が、参加して作った場合では、コストと利益回収の面で難しいということが最大の理由のようである。
しかし中国の企業はそれらをものともせずどんどんつくって、mixiアプリを占拠しているものである。
コンテンツの内容としては決して高クオリティであったり、極端に面白いというものは今のところ無い。
バグや、問い合わせ対応の遅さなどの粗はまだ多々見受けられる。
ただしmixiが既存の日本人会員を抱えている上に乗っかれるので一度火が付いて注目されれば、そのアプリコンテンツが広まる速度は速いのだろう。

もちろんこれらのアプリがplayできるのは、mixiのみではなく、世界的なSNSのfacebookなどでもplayできたりするものが多々ある。
他にも小規模なSNSなどで利用できることもあるのかもしれない。

かつての海外の企業への出向と今の中国企業の動向

2005年か、2006年頃に、エンジニア系の仕事で、日本の企業が、中国に向けて出向という形での労働形態があることは普通にあった。
当時ライブドアマーケティング(どこかの企業が、ライブドア傘下になった所)などでも中国への出向のような形態の仕事を紹介していたりした。(これは当時のその案件で働いていた人がどうなったのは想像できないくらいアレですが・・・)
他にもいろんな、建設機器のプログラムなどの会社や一般的なエンジニア職の企業でも海外への出向が求人詳細に盛り込まれていたりしていることを見受けることは多々あった。

しかし今はどうだろうか?
日本の企業は、活気がある企業以外は、仕事の流れが極端になった気がする。まぁそもそものエンジニアの雇用形態に色々と問題が噴出して、この10年間色々と淘汰された部分も否めない感はある。
都内の専門学校などを見ると、各国の人が学習しにはきているものの、特に中国系の人が多いことに気づく。インド等に下請けを依頼していた流れも今では、単価が高くなりすぎ東アジアに移行しているという話も聞く。
そんな中で、最近国内のプログラムやアプリ、web媒体運用等の求人募集に中国企業が母体の会社が結構目に付くのである。それらは決して提示されている給与が極端に低かったりするどころか、掲載されている金額と労働時間だけで考えれば、待遇は良さそうなものである。ただし働いたことが有る人の意見は聞いたことはないので未知の領域ではある。

今後色んな意味合いで中国の動向を他人事と見ているようでは、時代に取り残されるので、しっかりと見て行きたいものです。
履歴書・面接不要で手間いらず!短期アルバイトできます!【おてつだいネットワークス】

コメント

広告楽天ウィジェット