安部政権は皆でブラック企業になれば痛くないとでも思っているのだろうか?

2016年2月9日

最初は管理職など年収1000万円程度に人らから、残業代を支払わない制度(別枠で賞与ありきだが不鮮明)の仕組みでコキ使おうとでもしている風にしかみえないが。
安部政権は皆でブラック企業になれば痛くないとでも思っているのだろうか?

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

労働時間制度:「給与は成果払い」 年収1000万円超

毎日新聞 2014年04月22日 06時15分

 ◇産業競争力会議が規制緩和提言

http://mainichi.jp/select/news/20140422k0000m010144000c.html
一千万円以上の社員は残業代は支払わない方法で行きましょうぜ という政策提案出されたという話。

安倍首相:労働時間の制限緩和 検討指示「成果で評価を」

毎日新聞 2014年04月22日 21時39分

 安倍晋三首相は22日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で「時間ではなく、成果で評価される働き方にふさわしい新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」と述べ、労働時間の規制緩和を検討するよう指示した。6月にまとめる新たな成長戦略に盛り込みたい考えだが、「長時間労働を招く」との批判も根強く、調整は曲折が予想される。

http://mainichi.jp/select/news/20140423k0000m020092000c.html
そして夜の報道では、2007年の安部政権のときから反対が上がっていることもあり今回も、「長時間労働を招く」との批判も根強くという流れで、スムーズにはいかないようですが、日本の政治家や産業団体は、日本人をどこまでこき使う気なんだろうか?
ひとまず過労死とか鬱にパワハラ・セクハラや窓際族的な解雇などの様々な問題を解決しないで一層全体で最ブラックになりましょうぜとか狂っているだろう。解雇特区なるものが日常に普及したらそれこそ阿鼻叫喚な社会になりそうだが、あまり考えていないのかもしれない。

若者を殺し続けるブラック企業の構造 (角川oneテーマ21)