就職を有利にする方法

就職難の今、大学新卒の就職率も6割を切っているのがざらにあるのが現状です。
こんな時に職を失ったらあなたはどうしますか?
きっと次の仕事がぽんぽん選べるくらいにある人は、きっとこのサイトは見ていないと思います。
就職を有利にする方法は一体何なのか?
あなたは理解していますか?

どうして面接を受けて相手の印象も好印象を得られたはずなのにどうして採用されないのでしょうか?
これらの問題は自分で考えてばかりでは一向に解決することはありません。むしろ自分ひとりで解決しようとする人は、一向に改善されることはないのでいつまでたっても仕事探しの方法を変えず、「自分は悪くない」「受けた先がたまたま悪かった」「今は景気が悪いから採用されないんだ」とどんどん言い訳を膨らませて生かせます。
その前に立ち止まって考えて見てください。不況であっても会社は求人を募集している会社はまったく無いわけではないのです。

どうやったら少ない求人を自分の採用のものとすることが出来るのかを最大限に考えることをお勧めします。


人事のプロは学生のどこを見ているか (PHPビジネス新書)
履歴書や面接で採用担当者はどこをチェックしているのか。学生の陥りがちな誤解を解き、就活の要点、自分に合った会社の見つけ方を示す。

  • メーカー: 横瀬 勉
  • 出版社: PHP研究所
  • 発行日:2010/10/19
  • 「グループ討論では口火を切れ」「面接の答えは一言で簡潔に」こんなウワサは大間違い。複数の優良企業のノウハウから導き出した内定獲得の条件。どうすれば見込みがあると思ってもらえるか?自分に合った会社はどうやって見つけるのか?エントリーシートの書き方から役員面接、企業分析まで、本当に知っておくべきことがわかる。

    コメント

    格安スマホ