10日で会社を辞めた社員への助言ブログがどうこうとういう記事が

2016年1月25日

10日で会社を辞めた社員への助言ブログがどうこうとう記事があるが、別に何日で止めたとしても辞めた人の責任ではないだろう。こういうのをグタグダ言う会社って事前にどういう会社なのか どういう仕事なのかといったことは説明していない事例が多い気がするのだがどうなのだろうか?
むしろ2年-3年勤めてやっぱり無駄でした という結論に結びつくよりも数日で違うなら辞めるというのは選択肢として正しいと思うのだが。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

新入社員が退職した。(前編)

大もとの記事はこれらしいが どうみても企業の媒体ブログにしか見えない。他にソースがあるんだろうか?

新入社員が退職した。
入社してわずか10日。

「この会社は自分に合わないと感じた」というのが退職理由。
あまりにも漠然とした理由なので、具体的になにがどう合わないと感じたのか尋ねてみた。
すると。
「販売はアルバイトの延長のような仕事。ずっと続けていく気にならないし、自分に向かない」とのことだった。

当社では、2週間の新入社員研修期間中に売場での販売実習を数日行なう。
講義とロールプレイングで学んだ接客応対技術を、実際に売場で体験するのが目的だ。
その実習の結果、新入社員のKさんは「自分に合わない」と思ったそうだ。
辞めてどうするのか、Kさんに聞いてみた。
「公務員を目指します。」

まただ。採用や研修を担当していると、毎年必ずこういう若者と遭遇する。
「安定していて、楽そうだから」という、かつての私と同じ発想。
http://job.rikunabi.com/2015/company/blog/detail/r571700004/26/

「公務員を目指します。」という人を雇っている時点で採用の人を見る眼もどうかと思うのだが。まぁこういう勘違いする人が集まる職場という時点でどうなのよという印象が強い。
ただ一般的には試用期間とか設けている会社もおおいわけで、雇用される側だっていつやめてもいい気がする。ずるずる続けるほうがハイリスクだろう。

  • 新入社員が退職した。(後編)
    http://job.rikunabi.com/2015/company/blog/detail/r571700004/27/
  • ウゼェとか書いてあるが、まぁそういう問題ではなくこの職場オカシイ気がする。

  • 「ゲームがつまらないんじゃなくて、自分がヘタなだけ」 10日で会社を辞めた社員への助言ブログが反響 【更新日:2014.04.21】
    http://careerconnection.jp/biz/economics/content_1360.html
  • ゲームで例えてもリセットできないんだし、そんなクソゲー最初から放り投げるだろう。

    どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった8日で辞めた話



    どこにでもいる普通の女子大生が新卒入社した会社で地獄を見てたった8日で辞めた話 (リンダブックス)

    死ぬほど辛い会社なんて、やめていい。「辞める」選択肢がある人は強い。