牛肉

2016年2月9日

牛肉は言葉の通り牛の肉です。バーベキューやステーキ、牛丼やすきやき各種料理で愛用されている食材の一つです。

日本で牛肉が食べられるようになってきたのは江戸時代末期から明治大正にかけて一般的に普及したことが歴史の文献などを調べるとわかります。
極端に歴史が長いものではありませんが和食に積極的に取り入れられるというものでは無いものの一般食として好まれる食材であることは間違いありません。

高級牛肉ブーム

このため現代の日本では各地域で特徴的な専門の牛の品種改良が行われており高級な牛の銘柄が数多く存在しているのが特徴としてあげる事が出来ます。霜降り牛肉ということで、相当高い価格帯で販売されている国産の銘柄付の地牛ですが、高すぎる点がデメリットでそうそう口にできる食材では無い面があります。
牛肉について
牛肉などのたんぱく質摂取することで、最近では欝防止などの効果もあるようです!

ファーストフード店でも牛肉の消費が

一般的によく消費される価格が安い牛肉は殆どがオーストラリア産かアメリカ産の牛肉なのですが、2000年代初頭には、アメリカを発端とした狂牛病(BSE)問題が浮上して、牛丼屋さんなどから牛丼のメニューが消える自体が発生しました。その後豚丼でなんとか狂牛病が落ち着いて輸入が再開できるまで数年かかり再度牛丼が各種牛丼フランチャイズ店で食べれるようになった事は、牛肉は基本的に輸入に依存している点が強いという面があります。

肉以外で魚介だとカニ料理も比較的好まれる料理ではありますが食べれる料理屋はあまり少ない気がします。