バイト探しでインターネットカフェだとか漫画喫茶のアルバイト

ネットカフェでバイトというとどうしても
N・H・Kにようこそ!
を連想してしまう。
この作品でも描かれているように、ネットカフェ のバイトは意外と楽なのでは?と思う人もいるかもしれない。
ただネカフェのバイトといっても、注意してほしいことがある、

スポンサード リンク

ネカフェ事情から知る

ネカフェでバイトと言っても、実に様々で、繁華街の中にある漫画喫茶などでは、様々な客が来ることになる。
大型の店舗であれば数名の店員で対応にあたるケースが多いとは思いますが、ネカフェの郊外の小さな店舗だと1人ですべて対応しないといけなかったりもする。
たとえばビジネスマンが、書類作成などをしていたとすると、PCの作業中にとまったりすると、当然店員に苦情をいってきたりもするだろう。私が利用していた時にも、ネットの接続がたびたび切れる席を案内されたことがあったりしてかなり腹立たしいケースがあったりしたもので、それらのトラブルにも対応しないといけなかったりもするのです。

地方はやめておけ

当然大抵のネットカフェの営業時間は24時間体制のところが多いので、よっぽど田舎だったり、人がこないところでなければ夜になったら弊店ということもないだろう。
私はネットカフェのバイトに関する思い出は最悪なエピソードだけがあるのですが、封印することにしようと思う。
DQN店長やガラの悪い店主の店は即退避すべきだ。
関わってもろくなことが無い。

夜の勤務のリスク

駅前で居酒屋などと隣接しているネットカフェであれば飲み終わってアルコールが入った人が客としてくる可能性もあるだろう。
夜勤バイトも時間拘束の割り合いと、客の出入りが多かったり少なかったりで、仕事の労働量も店舗によって異なってくることは大きいと思うのでバイトの募集に応募する前には事前にその店舗の詳細な実態を知っておいたほうが給与に見合った仕事量だろうかとといった間違ったバイトを応募しないですむと思うのでした。

パソナキャリア

  1. 仕事と労働における雇用についての話
  2. 給与の支払いに対する考え方
  3. 労働問題でも、裁判には何よりも証拠が必要です。
  4. 会社の不条理と裁判官の無能な価値観
  5. 正社員から個人請負契約に切り替えられるケース
  6. 登録型派遣規制による弊害
  7. 雇用形態としてのアルバイト

コメント

広告楽天ウィジェット