老人介護だとか、ヘルパーの仕事の実態と問題

2016年1月27日

老人介護だとか、ヘルパーの仕事だとかはゴロゴロある。
経験不問だとか色々とあるが、比較的容易な条件が多い
どうしてこんなに敷居は低いのだろうか?
高齢化社会になることは明確で避けることが出来ない問題だが実態の老人介護の業界は実に廃れているようだ。

I/61Ia33A+JJL. アマゾン jpg 

きっついお仕事 巷に転がるいわくありげな職業 裏モノJAPAN別冊 (鉄人社)

アフィリエイトタグ http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG26VE+249K+BWGDT” alt=””>

最悪な労働条件

  1. 給与が安い
  2. キツイ
  3. 転職先は多い事

これのことが以下で記載されている。

  • 老人介護で働く人から聞いた悲惨な労働現場 「40歳過ぎたらこんな仕事できない」
    記事
  • 勤め先が賃金が安くてキツイ場合等に同業種で他の転職先を探すようになるとのこと。

    引く手数多なら少しでも楽で賃金が高い方に流れる事は分かるが、これだと一向に人が定着しないだろう。
    むしろ責める事も出来ない。

    人生を棒に振る

  • きつい飢えに現状の基本給が安いことも上げられている。老人介護は低賃金で重労働なサービス業なのだ。
  • 夜勤もあるうえに重労働ということで体調を壊しやすいデメリットも挙げられる。
  • 40歳も超えると人は体に支障が出やすいがそれでも同じ労働を繰り返さないといけない為体を壊しやすくなる。
  • 40歳まで老人介護の仕事で他の仕事に転職できるかというと、考えられる職業は比較的狭いだろう。

    これでも現場でも政治でも、一向に改善されないことから考えると、この業界に進んで就職する人は一体何が目的なのかが理解できない。
    ☆ベネッセの介護士お仕事サポート☆アフィリエイトタグ http://www17.a8.net/0.gif?a8mat=1U3N6O+5RTIVU+2CDI+BYLJM” alt=””>

  • 介護の仕事
  • パソナキャリア