自宅で在宅ワークや自営業を目指す人で注意すべきこと

最近、長引く不況の影響もあってか、採用率も低く、よっぽど経験に優れた人でないと、メリットがある転職はなかなかできない世の中で、鬱だとか、いろんな理由で就職につけない人が、在宅ワークを目指しているようですが、いくつか心構えを間違えないでほしい。

スポンサード リンク

インターネットのビジネスで食べれるか?

3ヶ月間で食べれるようになるのかどうか?ということで考えるのであれば、アルバイトをしていたほうが安全です。
4ヶ月目に、99.9%の確立で、ネットビジネスだけで、食べれるようには慣れません。
これが半年間 1年間という期間を設けていてもどのくらいの比率かは断言はできませんが、メインで考えるのであれば、食べれる見込みができるようになってから本業にすべきだと思います。

インターネットビジネスの実態

在宅で自分で稼ぐことがインターネットを使うことで比較的簡単になったことは事実ですが、それでも素人がいきなり月10万円稼ぐのは相当困難な世界です。
オークションや、アフィリエイト、物販、他いろんなサービスを通して稼ぐことはシステム的には可能なのは誰でも理解できます。

ただし、これらはすべてビジネスなので、きちんとした心構えや、作業量、ノウハウ、工夫、をすべて一人で行ってそのうえで利益が出せるかどうかという世界なのです。
アフィリエイトであれば、投資費用は0円から可能ではありますが、どこまで稼げるか?ということは、作業内容などで大きく変わってきますし正しい方法で行わないといくらやってもまともに稼げない悪循環に陥ることもあります。正直自宅で個人1人でせっせと作業して、皆がみんな稼げるのであれば、大半の人はいやな上司や同僚のストレスに去らされて会社で働いているはずが無いのです。

オフラインの時給ほど確実に稼げる根拠は無いのがネットビジネス

1日1万円稼ぐのであれば、アルバイトをしたほうがよっぽど確実です。
アフィリエイトは10時間作業してもそれがいくらになるのか?は
実際にやってからでないとわからないのが実態なのです。
オークションや物販であれば、仕入れ資金はかかりますが、売ることさえできれば利益は上がりますが、当然それ相応の知識や工夫も必要です。

大半の人は大きくは稼げない分野

アフィリエイトやwebビジネスが普及して何年もたちますが、大半は小遣い稼ぎ程度のものだと思います。
ただ片方でそれだけで個人事業主であったり法人化だったりする人も中にはいます。
ただこの割合の比率は極端な比率なので、相応の覚悟がないとできないことは覚悟しておくべきだと思うのでした。 稼げるインターネットビジネスの方法はここから!

I/51R+brhRFCL. アマゾン jpg 

1億稼ぐ営業の強化書

パソナキャリア

コメント

広告楽天ウィジェット