雇用形態における日雇いの仕事

日雇いの仕事といってもその働き方は実にさまざまです。

ほとんどの場合は、一定の日に人手が足りなくて人を募集するケースがほとんどだ。
その求人方法は、web上の求人媒体で日雇いで検索したり、街角のフリーペーパーなどでも仕事は募集していたりする。それらの会社は実は日雇い雇用で毎日募集をかけている会社であったり、数件の会社の仕事の紹介を仲介していたりと、実に様々だ。

スポンサード リンク

雇用形態における日雇いの特徴

雇用形態が様々なのは、共通していることは雇用期間は短いということだけです。
数日であったり、あるいは1週間、もしくは数週間といったかんしで特定の日にちだけきてくれという働き方。
極端に雇用が長期化するケースはほとんど無い。

日雇い仕事と法律

これらのケースでは、同意書や労働条件通知書などの書類で合意を結ぶことは殆ど見ることは無い。むしろ皆無である。このため何か問題がおきると、揉める可能性が大きいので、進んで日やといでの仕事はしないほうが無難であるといえる。
労働基準法でも、日雇いに関しては、保護されていない部分も大きいので注意が必要なことは多岐にわたる。
万が一、『アルバイトの形態のはずなのに雇用形態は日雇いアルバイトだ』といわれたらその会社には用心したほうがいいということである。あえてあまり詳しくないが、大抵のケースで、労働者に不利なケースを強いるために会社が雇用形態だけ、日雇いと付いている悪徳な会社もより中にはある。
この場合裁判を起こしても最高裁判所でも、日雇いが認められて労働者は不利になってしまうので、口頭でいった言わないだけではなく書面の記載もきちんと追及したうえで合意の上で働かないと痛い目を見てしまう。

日雇いの仕事の給与

日雇いの仕事のメリットとしては、給与の支払いは、大抵1日の仕事が終わった時にもらえるケースが多い。ただし時給単価は、かなり低いことが多いので、数日後に何日分かまとめて給与振込みなどで支払うというケースもあるので一概には言えない。
現在は日雇い派遣にその仕事の大半は奪われてしまった感じはあるものの、日雇い派遣が規制化されることもあり、日雇いアルバイトとしての動きも別の流れで増えるのでは?という考えもできる。
仕事内容のミスマッチなどから考えても、あまり働きたくは無い労働条件の仕事だとは思う。
今日から日雇い労働者になった

  • メーカー: 増田 明利、
  • 出版社: 彩図社
  • 発行日:2010/1/23
  • ベストセラー「今日、ホームレスになった」の著者が、体を張って日雇い労働の世界をリポート。 1万円のタネ銭を持ち、日雇い労働&宿なし生活を1ヶ月間、慣行した。 ホームレス、ネットカフェ難民、日雇い労働者……。 彼らはどのような生活を送り、なにを考えているのか? 現代日本の暗部をえぐる骨太ノンフィクション

    今日から日雇い労働者になった

    コメント

    格安スマホ