天才

2015年8月29日

天才というとIQが高いだとか、聡明なイメージがあったりしますね。
最近でも、若い年にも関わらず成功している人が注目されます。アメリカでいうとfacebookのザッカーバーグなどですね。

学習や言語、計算も速い段階から教えておいたほうが、飲み込みが早い為成長しきってから教えるよりも柔軟に吸収する面があります。
スポーツなどでも幼い頃から慣れて早い段階から特訓することが望まれますし、
ピアノやその他の楽器を用いる音楽なども幼少期からの教育が重要視されます。

何故成功する人と成功しない人が居るのかということは努力や運とされますが、それ以外の要素も必要な気がします。
今から自分自身で天才を目指そうとしなくともせめて子供には学力や発想などで苦労しないでほしいだとか人よりも優れるようになってほしいと願うのはあるのではないでしょうか?

天才は10歳までに要素は作られる。幼少時になるべく多様な事を体験させ学ばせる事が必要だということ。家庭が貧乏で制約が多い環境だと、その後10歳以降に好転しても天才的な要素を発揮する事は殆どない。
子育てを出来ちゃった結婚や若いうちに子供を作ると、天才になりにくいというのは悲惨な事のようにも思う。しかし現代はインターネットインフラとパソコンさえあれば情報は揃うので機械を与える事はなるべく整えるべきだと思う。