仕事を趣味にするか 趣味を仕事にするか?

2016年2月9日

仕事を趣味にするか? 趣味を仕事にするか?これは人生において最大の課題だろう。
高校或いは大学まででたとして18か22歳で卒業だ。
60歳までは40年程度ある。
一日の交通や残業なども考えて10時間仕事に注いだとすると人生=仕事という比率になる。
当然仕事が辛いものであれば、苦行でしかない。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

仕事を趣味にする

I/51M-pzd0QgL._SS160_.jpg” />

50歳からは人生の優先順位を変えなさい!: 仕事と遊び――「二兎」を追え! (知的生きかた文庫)

アフィリエイトタグ http://www11.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG24K2+249K+BWGDT” alt=””>

仕事を好きになれればそれに越したことは無い。
しかし日本の労働事情を考えると、好きでもない仕事を好きになれるほうが少ない。

趣味を仕事にする

これは趣味で食っていけるビジネスが出来るのか?ということが最初の問題点。
金になら無い、事業として回せないものは仕事にならない。

仕事と趣味の違いとは?

I/51Cjy8FMj-L._SS160_.jpg” />

「要領がいいね! 」と言われたい人の仕事の習慣 (アスカビジネス)

アフィリエイトタグ http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=1NWEYA+BG24K2+249K+BWGDT” alt=””>

仕事と趣味に違いはあるのだろうか?
例えば動物好きな人がペットショップになってもショップという点で黒い面がある。
獣医でも同様。
医者でも人を助ける仕事がしたいという思いからでも病むひともいる。
教師だっておんなじだろう。
飲食店でも毎日原料の匂いを嗅ぎすぎていると嫌いになるという事例もおおく聞く。
好きだとか大きい名目の上で初めても仕事にすると嫌いになることは多い

ケーキがすきでケーキ屋になることと、
漫画を描くのがすきで漫画家目指すなど、
実際の仕事として行うことと、行為が好きということは必ずしも=で成し遂げられるものではないし成功する保障は無い。

仕事と趣味の両立

仕事と趣味はジャンルが別のものであれば思考的にごっちゃになることはない。
ただし中途半端に被っている業種だと分別が付かなくなる事がある。
あえて趣味とは違う仕事についたりするひとも少なくはない。

仕事と趣味の時間

仕事が趣味と言い切れる人は人生が楽しいだろう。
しかし仕事は仕事 趣味は趣味という人は趣味の時間が圧倒的に短くなる。
日本ではあまりプライベートというものが尊重されない。
家庭をもっていようが居まいが、会社組織を優先させられる傾向が強い。
趣味に力を注ぎたい人がアルバイトやフリーターで居る事が多いのもこれらの要素が強い気がする。

林修 仕事 趣味

  • 林修の名言集
    http://earth-words.org/archives/6569
  • この人が言っているのは労働なのでまぁこれはコレという感じ。

    仕事探し・求人サイト

    お勧め