就職難ニートが受給すれば20兆円必要とか・・・・・・・

就職難ニート(該当記事では、就職氷河期世代(35~44歳)を対象にしている様子)が受給すれば20兆円必要とか・・・・・・・
というか、ニートの定義ってそもそも35歳未満だった気がする・・・。

20代の既卒・ニート・フリーター・大学中退・高卒・第二新卒を専門にした就職支援! 再就職ならジェイック

スポンサード リンク

“生活保護”崩壊の恐怖!就職難ニートが受給すれば20兆円必要

 年収数千万円を稼ぐお笑いコンビ「次長課長」河本準一(37)の母親に続き、同じ吉本興業所属「キングコング」梶原雄太(31)の母親も受けていたことが発覚、生活保護(ナマポ)制度が社会問題化している。過去最大規模で受給者が膨らむなか、ある重大リスクにも注目が集まっている。就職氷河期世代(35~44歳)の非正規雇用者やニートらが老後に制度を利用すると、最大で約20兆円が支出されるというのだ。衝撃的な試算の中身は-。

 悲惨な「未来予想図」をシミュレーションしたのは、国政などに関する政策提言を行う政策研究機関の総合研究開発機構(NIRA)。2008年4月に発表した『就職氷河期世代の老後に関するシミュレーション』のなかで“ナマポ予備軍”に関する重大リスクを指摘しているのだ。

リポートを手掛けた辻明子主任研究員がこう説明する。

 「1993年から10年間続いた就職氷河期で、大規模な雇用調整が行われました。この時期に正社員になれず、不安定な就労状況に置かれる若者を多く生んだのが、現在44歳から35歳の世代。その世代の中で、65歳以降に生活保護受給者になるリスクを抱える人を試算すると、実に77万4000人が『受給予備軍』として浮かび上がってきたのです」

 辻氏が、調査対象としたのは、非正規就労を強いられて低収入にあえぐワーキングプアや、仕事にさえありつけないニートたち。その中でも、国民年金も払えず、老後に何の保障も得られる見込みのない人たちだ。http://news.livedoor.com/article/detail/6647228/

あほたれが。一番 新卒採用がひどかったのは2000年卒だというのに。
2000年卒は高卒だと30歳 大卒だと34歳が一番ひどい時期なわけだ。
現在44歳から35歳の世代。 というのはバブル崩壊後の話なので、この記事書いた人も。
なんでもバブルに着目するのはおっさん世代なんだろうなと思う。
老害が、バブルの幻にいつまでも取り付かれたままなので厄介すぎる。
生活保護が破綻するのは目に見えているので、
早いところ別の制度に切り替えて徹底的に削減して低賃金でも働いたほうがましな制度にしないと、いつか破裂すると思う。
というか、東電救ったり、原発維持して、消費税あげる民主党も自民党も罪人だと思うよ。
企業も国民も疲弊する策しか打たないで、
成長させる方針はここなんねんも聞いたことすらない・・・。

おなかを引っ込ませる運動方法 美容と健康の方法
http://ndee.net/cosmetics/about-an-eyelashes-essence

楽天市場で『ニート』検索する。

コメント

格安スマホ