日本全体の平均給与の割合比率。

日本全体の平均給与が比率がどのくらいなのかソースもまとめて紹介。

民間平均給与、3万円減の409万円 震災で再び減少 2011年

2012/9/27 20:28

 民間企業に勤める人に2011年1年間に支給された平均給与は409万円で、前年を3万円(0.7%)下回ったことが27日、国税庁の民間給与実態統計調査で分かった。前年は3年ぶりの増加だったが、再び減少に転じた。専門家は東日本大震災や原発事故に伴う節電など、経済へのマイナス要因が影響したとみている。

なとんいうかなぁ・・・・平均給与は300万円以下全体の4割ということらしい。

1年を通じて民間企業に勤めた給与所得者は4566万人(同0.3%増)でほぼ横ばい。うち女性は前年より12万人多い1835万人で、2年連続で過去最多を更新した。給与額の人数分布をみると、300万円以下の人は1865万人で全体の4割を占め、10年前と比べ316万人増えた。一方、1000万円以上の人は178万人で4年ぶりに増加し、前年より格差は開いた。http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG27048_X20C12A9CR8000/

上の6割を3割くらいに減らしてでも下の給与上げる事が出来ないと少子化に歯止めはきか無い気がする。

  1. 平成23年分民間給与実態統計調査結果について
    国税庁ホームページリニューアルのお知らせ|国税庁

2013年版 規模別・地区別・年齢別等でみた職種別賃金の実態 (賃金資料シリーズ4) (労政時報選書) ホワイトカラーの職種別賃金水準が知りたい
・オリジナル調査から、主要13職種の月例・賞与・年収・年俸水準が把握可能。

  • メーカー: 労務行政研究所
  • 出版社: 労務行政; 2013年版
  • 発行日:2013/2/28

自社賃金水準の傾向分析、賃上げ等資料作りにご活用ください。
●地域別・規模別にみた職種別賃金の傾向を押さえたい
・厚生労働省、人事院および各人事委員会、労務行政研究所の主要調査から143職種のデ ータを整理・集約!
各職種・各階層の市場価値を把握し、その仕事にふさわし い水準を決める参考資料としてお使いください。
【ご購入者特典ダウンロードサービス】
本選書に収録されているホワイトカラー職種別賃金調査から、
主要集計結果表がExcelファイルでダウンロードできます


2013年版 規模別・地区別・年齢別等でみた職種別賃金の実態 (賃金資料シリーズ4) (労政時報選書)

入れ歯とブリッジとインプラントの違い(歯の健康)

コメント

格安スマホ