英才教育

2015年8月29日

英才教育(えいさいきょういく)とは、どういうものなのかということについて。種類と内容を解説します。
wikipediaを参照したところ以下の3つが挙げられていました。
「早期教育」「エリート教育」「ギフテッド教育」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E6%89%8D%E6%95%99%E8%82%B2

早期教育

早期教育とは児童の年齢に限定されることなく、就学前教育・早期就学・飛び級等を、先取りの学習で”学力”を身に付けること指します。英語なども最近では幼いときから英会話に触れさせたり、数学なども幼少時から高度な計算を教える親がいたりします。あとは音楽などでしょうか。

エリート教育

スポーツや将来的な特定の職業に関する教育はこちらが該当しそうです。

一流といわれる大学・大学院卒業をゴールとした教育指針。またはトップ・アスリートになるための訓練。目標達成(特定の大会で優勝する、特定の職業に就く、特定のライフスタイルを獲得するなど)のためにその道の専門家について集中的に教育・訓練を受けること。幼小の頃から訓練を受けることが多いため「早期英才教育」と呼ばれることもある。

ギフテッド教育

ギフテッドと診断された子どもの教育に用いられる教育手法、理論、特別手段。欧米では、障害などのために生活・学習上の特別な支援を必要とする者に対する教育である特別支援教育と同じ、特殊教育の範疇に置かれることが多い。

このため日本で一般的に用いられるものは早期教育とエリート教育のことを指すと考えられます。

通販生活 名品