給与の支払いに対する考え方

個人経営の小規模の会社は除いて、そこそこの規模で、運営している会社の場合、私が思うに、そもそも残業が必須で残業割り増しなどが支払えないというのであれば基本給与を下げて、募集を出せばいいだけの話だと思います。
それすらも出来ずに、むしろ仕事量がそれだけ増えるのであればそれ相応の賃金を支払うのが当然なのです。

スポンサード リンク

残業代払わない会社は存在価値ゼロ むしろ害悪

残業代支払うのは義務。それが出来ないのであれば、最初から時間外の労働をさせないようにすればいいだけの話なのです。
ですが、それすら出来ずに、残業はやらせても残業代支払わなかったり、割り増し賃金を支払わなかったり、
休日出勤を要請したりするのは会社側の驕りでしかなく、労働者に非のあることではないのにもかかわらず
こういうことをする会社は、根っこからだめだめな考えが蔓延しているので、
適当なところでそういう会社からは去ったほうが正解だ。
裁判すれば一般的な雇用契約なら100パーセント勝てる。
(請負など除く)

非正規雇用へのしわ寄せ

人材派遣の会社などは、過去色々な問題があったのを見てきたのですが
今がどうなっているのかは知りませんが今後はきちんと規制されるべきだと思います。
ですが法律は後から付いてくるのが現状なので
派遣切りや色々な問題が社会で認知され問題として取り扱われないと変わらないのが現状です。
そのため個人で解決させるには法律の場で戦わないと最終的な決着は付けれないのが現状です。

給料の仕組み

給料の考え方
正規雇用の場合には、
残業代が一定数の時間を織り込んだ月給が組まれていることが多い。
このせいなのか、サービス残業が多く発生しがちになる。

  1. 仕事と労働における雇用についての話
  2. 労働問題でも、裁判には何よりも証拠が必要です。
  3. 会社の不条理と裁判官の無能な価値観
  4. 正社員から個人請負契約に切り替えられるケース
  5. 登録型派遣規制による弊害
  6. 雇用形態としてのアルバイト

コメント

広告楽天ウィジェット