ニートって親死んだらどうするの?

2016年2月17日

2014年時点年々増加している引きこもりやニートの問題。
働かないだけでは食っていけない。
社会の生活における知識や手順を知らないと、まともな生活がおくれない可能性もある。(公共料金の支払い・福祉・税金等)
ここで問題になるのが「ニートって親が死んだらどうするの?」ということ。
一体こういう場合に、どうなるのかから考えよう。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

アフィリエイトで稼ぐ事が出来るのか?楽天市場で『ニート』検索する。

YouTubeで稼ぐ方法

ニートの物資的な問題

  1. 食事
  2. 光熱費
  3. 住む場所
  4. これらが困る事になる。
    食事がまず摂取できなくなる。
    光熱費の問題歯はだいたい2ヶ月で止まることになる。
    住む場所は、税金や賃貸だと家賃が掛かるのでファミリー規模の住まいは高いので住みかがなくなる可能性大。

どうするのか?

どちらにしても引きこもっては居られない。
銭を稼がないといけなくなる。
社会に出ないという選択肢はかなり少ないだろう。どちらにしても、バットエンド(餓死など)を選択しないかぎりは、社会に出て働かないといけなくなる。
生きるか死ぬかまでもらえない生活保護?(自民党の片山さつき議員の発言から)

中年からの就職

30歳までに働いたことが無い人は絶望的だ。
アルバイト経験すらないと、日雇いのアルバイトすらまともに行えるかはわからない。
普通の社会人でも30超えて転職するには異業種だと相当困難ことが多いので、引きこもりには就職という2文字は相当ハードルが高くなる。
例えば働いたことが無い、主婦などでも、パートタイマーとし働くような人等でもコミュニケーション能力は人並みにあるのでこの限りではない。ただの『引きこもり』はそれだけでも最初からマイナススタートなのだ。
40歳まで働いたことが無い人が就職するのは、相当困難だと言える。

介護職から土方への転職

派遣社員が素晴らしいの大嘘

働かずして収入を得るには

さすがに引きこもったままで、自営業的に稼いだりすることは税金を納めたり各種公的な手続きなどもこの世の中には存在しているのでなにもかも自宅で完了させることは不可能だ。
最低限度の生活力が無い人間は生きる事は出来ない。
アフィリエイトで稼ぐ事に向いている人
収入を最低限確保することと、公的な生活の手続きを完遂できる能力が引きこもって生活するには最低限必要な要素になる。
これが人間社会だ。
或いは無人島でサバイバル生活でもして野人化するにも、現代の地球においてはほぼ不可能だろう。
働かなくとも、最低限の収入と、社会における手続きなどさえ行えれば、働かなくても生きてはいける。
生活に困ったら利用すべきの生活保護

ニートや引きこもりを解決するには

ニートや引きこもりはどちらにしても、最低限度の生活力が備わっていないと、滅ぶ運命しか残っていない。
問題なのは社会に対して牙を剥くという可能性や社会のトラブルの種になることだろう。
仕事を探してもトラブル続きで、定職につけない人材になってしまっていたら、生き方が荒れる可能性は考えられる。
ただでさえ少子高齢化なので、ニートや引きこもりの人がいる家庭は、
とっとと最低限の知識やスキルだけは身につけさせておかないと、ロクナことにはならないと考えられる。
通販生活の名品について

インターネットで月収100万円ノウハウ

対策方法

2014年度時点では親が引きこもっている子供ために、貯蓄をためたり、色々と工夫がなされているようだが、インフレなどの懸念が無いわけでもない。数十年後の物価や社会のあり方がどう変わるのかはその時々の人しか体験することはできないため、保険を多く作るにしても限界はある。
不動産や、金融商品など動的な資産を持っていても相続するにも税金やらなんやらと、あとは運用する知識も必要なので、ハードルは高いと思う。
せめて引きこもっている人たちが自ら稼ぐスキルを身につけることが、現実的な方法だと感じる。

ニートの恩返し [ 丸山英人 ]

正直100万稼ぐためならどこまで悪いことできる?

アフィリエイト報酬が稼ぐことが出来るのか?

ネットで小遣いを稼ぐ難しさ

ニートが会社設立