保険診療

2015年7月21日

保険診療について解説します。

  • 国民健康保険
  • 社会保険
  • などがある。

    スポンサード リンク


    《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

  • 国民健康保険は国民年金と加入することが一般的(正確にはセットでは無いが)。自営業者、定年退職者、離職中の人、学生 扶養に入ってる主婦や子供などが該当する
  • 基本70歳以上でない限りは 3割負担だ。

  • 正社員は社会保険 勤めている会社の厚生年金とセットで加入することになる。アルバイトでもフルタイムで勤務している場合は加入することが可能。週に一定時間の勤務時間がある場合などは無理やり加入させられる
  • 社会保険は以前は2割5分だったはずだが平成15年から3割負担になっている。ただし厚生年金は国民年金よりも貰える額が大きい事が多いので恩恵は在る。

    厚生年金←→国民年金と切り替えがずさんだと番号の連なりがズサンだと後々面倒な事になる

    たまに生活苦で支払っていない為に保険証が無い人も存在する。
    しかし突然の交通事故や各種事故で怪我を負うリスクはだれしもある。原則健康保険だけは命綱のためにも支払っておかないと大変な事になりやすい。

    自費負担

    自費負担は10割とされているが実際には自由診療という名目になると医者や病院が設定し田金額を支払う事になる。このため同一の内容の注射投与でも病院によって 金額が何倍も異なる事がおきる。
    例えは美容外科以外にも 歯医者のインプラントやセラミックなども保険外の治療で金額は医院で異なる
    自費負担の診察や治療は一般的ではないため結構素人眼で見るとグレーな印象に見えてしまうので自由診療の金額の明瞭かが期待したい。

    貧乏すぎて医者に見てもらえない場合

  • お金が無くても保険証が無くても病院受診する方法を教えます!
    藤田孝典 | NPO法人ほっとプラス代表理事、社会福祉士
    2014年2月21日 12時49分
    http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujitatakanori/20140221-00032867/
  • ホームレス状態で病院に通えないで困っている人も結構居るかもしれない。そんなときにはこのURL先の情報を教えるといい。
    日本では医療を受ける事を保障されているのだ

    都市部であれば大丈夫な気がする。ただし離島の人は大変そうである。
    ポイントとしては

    他の道府県については、「無料低額診療施設」を検索し、ホームページを参照いただきたい。

    とのこと

  • 無料低額診療事業 制度の説明 – 全日本民医連http://www.min-iren.gr.jp/topics/muryou/seido.html
  • 日本の福祉は結構色々と法律はあるけれども生活保護受けることもできずに餓死する人もいる世の中なので世知辛いものだと思う。若いというだけで門是払いなどは日常茶飯事なのでネカフェ難民ができる始末。

    自衛のためには雇用されていてはいつか職を失うことは大いにある、この為インターネットビジネスで稼げるようになることも一つの手だろう