病院選び

今まで歯医者や大学病院、眼科、事故など 住む場所が引越しするたびに変わっていたのでわりと普通の人よりも医者にかかることが多かった気がする。
医者は実に様々で高圧的な医者や説明を殆どしない医者、選択肢を与えない医者など様々だ。
セカンドオピニオンという単語が出てきて久しいがあまり普及はしていない。
日本の医療機関や従事者があまり積極的ではないからだろう。
極悪な医者は少数だと思うが、医者としてはどう考えても向いていない人材の医師はわりと多い。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

危険な歯医者

若い歯医者にきをつけるべき
都市部では駅前に歯医者は沢山ある。
こんなに存在して儲かるのか?と思えるくらい東京都内の駅前には歯医者がひしめき合っている。路地に入っても結構見かけるエリアもある
適当な腕でもわりと開業している若い歯医者と遭遇したことがあり恐ろしいまでに歯を失う事になった。奴らは削って神経処置して埋めることしか頭にない。
>>歯医者選びは慎重に

訴訟

病院を訴えても勝ち目は低い。カルテなどの証拠や医学的な知識や適切だったかどうかという事は普通は医者しか判断できないからだ。過去にも医療事故や各種トラブルで訴訟は多々起きているが極端な事例でない場合難しいことが多い。
特に大学病院などへは難易度が恐ろしいほど高い

癌治療にみる遅れ

日本の医療機関は旧態然とした治療行為を行っている
バンソウ治療なども代表的だろう
患者に痛みを与えても是とするきらいがある。日本の医療関係者は基本ドSなのかも知れない

癌の治療というと投薬治療が当たり前でいる。海外などは大麻を用いた治療などが多々開発されていたりするが日本で研究しているということはきかない。

  • 衝撃の事実!がん治療先進国アメリカの敗北
    http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2004/20040517/823/
  • 抗がん剤は、実は増癌剤だった  アメリカの常識?日本の非常識
    http://lami.ti-da.net/e4538842.html
  • アメリカと日本の治療現場の違い
    http://www.geocities.jp/kirari159mama/amerikanihonn.html
  • 「アメリカのがん治療」
    http://umezawa.blog44.fc2.com/blog-entry-2881.html
  • 鳥取大が発見!ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる

    STAP細胞研究の小保方博士で話題だが、鳥取大もがん(癌は)容易に正常細胞や良性細胞へ変換できると発表した。この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも治療を施せる可能性があるといい、また抗ガン薬が有効に効かなかったガンに対しても治療を行うことができる可能性があるという 更新日: 2014年02月17日

    http://matome.naver.jp/odai/2139083495443129601