メガソーラー

メガソーラーは普及するのか?311東日本大震災と呼ばれるようになったこの震災は福島原発の事故が同等或いはそれ以上のインパクトを引き起こす自体となった。
原子力発電所の事故。これは致命的なエネルギー問題が世界的にも騒ぎになった。
もしも原発が津波被害がなかったらここまで深刻な事にはならなかったのでは無いだろうか?ということと原発は本当は危険ではないのだろうか?という不安を一気に呼び起こした事例となった。

原発事故後地熱発電や太陽光発電に眼が向けられた。
しかし実際に原発ほどの電気を得られるものはなくただの机上の議論に終わった感じがある。

2012年度末に与党に返り咲いた自民党は選挙前は2030年度までに脱原発を掲げた議論などにも考慮するかのような発言はしていたものの、翌年の2013年後半には、原発再稼動と再度海外への原発輸出に積極的な行動をとるなどと、真逆の方向に突き進んでいる。
このままだと原発は世界中で更に稼動し日本は責任を追及される危険性を拡大させるだけになるだろう。

Looopのメガソーラーキット、本当に作ることができるのか!?

 直流出力1.125MWの太陽光発電所を作り上げるために必要な機材を全てまとめ上げた「みんなで作ろう! メガソーラーキット」(関連記事)。太陽光発電システム専業のLooopが2013年5月に発売した製品だ。今回はこのキットの設置事例を引きながら、どうすれば素早くメガソーラーを立ち上げられるのかを紹介する。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1311/27/news003.html
太陽光発電は、期待すべき物のはずなのだが、いまいち普及は進んでいない。

建設コストを浮かび上がらせる、Looopのメガソーラーキット

2013年08月28日 10時00分 更新

出力1.125MWのメガソーラー建設に必要な部材をキット化した「みんなで作ろう! メガソーラーキット」。キットの価格が1億9800万円と明確で、かつ安価であることから注目を集めている。キット化によって、資材コストと建設コストを明確に分けて考えることができるようになり、初期投資額を抑えた形でメガソーラーの立ち上げが可能になった。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1308/28/news006.html
この記事で何世帯分の電気をまかなえれるの家などがいまいちピンと来ない。