少ない病気

2017年2月14日

症例がすくないと治療できない事例が存在する
病の治療は完全ではない
直らない病気や症状は世の中結構存在している。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信


発症している人が少ないと治療方法の確立が進まないばかりが医師がその症状を知らないことで発見が遅れる事も頻繁に存在する
この事が何が問題かというと別の病気と似ている特長がある場合それに準じた処方や治療が行われる
大学病院は日本でも最も上位に位置する機関のはずだがモルモットになりに行くようなものだ。
技術や症例、最先端の治療方法に積極的でない医療機関には通いたくない。
正直日本だけの用途でしか行っていない医者はもう色々と終わっている。

病気や体質に関しては数万人に一人に現れる事例や数十万人に一人という割りあいのものまで様々だ。
風邪やイフンルエンザのように毎年流行するような病気は対策や治療がそれなりに進められているが
何百万人に一人という割合の病気などだと結構気にも去れない。

医学の現場がどうなっているのか?ということを考えてもしょうがないが世界的には餓死したりする問題の方が致命的な問題だったりするので、医療の分野が最も先進的に重要視されているものでもない感じはある。少ない人を助けることよりも食料事情の方が世界的には重要な面もある。国際紛争や発展途上国の人権侵害のことを踏まえると人類史で医学で延命・健康的な生活などと進めているのは先進国の裕福な層だけな感じがしなくもない。
ひとまず病気などは予防が第一であり、科学物質などとは極力関わらない生活サイクルで暮らした方が無難であることは言うまでもない。
アレルギーや公害による疾患なども年々変化してきていたりする上に放射能汚染問題もある現代無知なままでいては自衛は出来ない。
なってからではとてつもなく大変なので基本的に健康に配慮する生活サイクルを心がけるべきだろう。

将来的にも、遺伝子の研究などは進んでいるが、あまり過度な期待はしにくいだろう。

  • 病院選び
  • イナータスは生まれ持った生来の力を大事にしたメーカー