原子力協定が参院本会議で承認→原発輸出が可能に

2016年1月28日

日本で自民党と民主党公明党の賛成によって原発輸出が可能になったというニュースが出ていた。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

原発輸出が可能に 原子力協定が参院本会議で承認

(04/18 11:58)

 日本の原子力技術をトルコとUAE=アラブ首長国連邦に輸出できるようにする原子力協定が18日午前、参議院本会議で承認されました。
 原子力協定は、自民・公明・民主などの賛成多数で承認されました。福島第一原発の事故以降に署名された原子力協定が承認されたのは初めてとなります。原発輸出は安倍政権の成長戦略の一環で、トルコとはすでに合意しています。
 一方、衆議院で造反者が出た民主党は、参議院でも福島県選出の増子輝彦議員が造反し、採決を棄権しました。民主党執行部は衆議院で造反した議員を役職停止の処分にしていて、参議院での造反に対しても何らかの処分を検討しています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000025326.html
原発に関しては、リスクが高い。
海外に輸出した原発で事故が起きた場合日本の税金で保障されるはずだ。
当然万一の事故が起きたら日本の国民の税金でまかなわれるということは足りなくなったら増税だ。これは必然だろう。
もしテロなどで原発を狙えばどういうことになるのかというのは眼に見えているだろう。

トルコやアラブに対して原発輸出という点でもアメリカなどとの兼ね合いがありそうで訝しく見える。これって日本の国民にとって相当なリスクなのではないだろうか?

貸金業の金利規制緩和 自民が法改正検討

2014/4/19 1:30日本経済新聞 電子版

自民党は貸金業者に対する金利規制の緩和を検討する。健全経営だと認可された貸金業者に限り、顧客から受け取れる金利の上限を現在の20%から、2010年まで適用していた29.2%に戻す方向だ。銀行融資を受けにくい中小零細企業などが、消費者金融から借り入れやすくする狙いがある。http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1400W_Y4A410C1PP8000/

国民(基い中小企業)に対しては高金利で貸付させようとしている日本の政治家と金融屋。本当ロクデモない国になってきたなという感じがする。民主党政権が出来た事を欠片も反省していない現在の自民党というイメージが強くなってきている。自民党でも民主党でもない大きな政権が出来ない限りはまともに運行できないのかもしれない。