中国のマクドナルドナゲットの問題点

中国でナゲット製造工場で地面に落ちたミンチ肉を拾って戻していたり腐った肉(消費期限切れの変色した肉)を混ぜていたとされる問題。
ここでも驚くべきことが中国メディアでは、外資の会社の品質管理がきちんとなっていないことが問題だ」と論点すり替えを行っていたことだろう。
自分たちが行った悪さも外資系企業になすりつける民度が中国人なのだ。
中国産はそれだけでリスクということを肝に免じて置くべきだ。

焼き鳥、ウナギ…高まる中国産依存度 大腸菌、殺虫剤まみれの食材ゴロゴロ

2014.07.24

 2012年には、抗生物質や成長ホルモンが過剰投与された『速成鶏』と呼ばれる鶏肉が、KFCの中国法人で使われていたことが判明した。日本では07年から08年にかけて毒ギョーザ事件が発生し、食べた10人が中毒症状を訴え、1人が一時重体に陥った。米国や欧州各国でも、中国産のペットフードによるペットの大量死が起きるなど事件が相次いでいる。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140724/frn1407241820008-n2.htm

毒ギョーザ事件は単独犯の故意の事件として処理されていたので、一般的な現地の人があーいうあくどい異物混入はしないとは思っていたら今度は会社ぐるみで消費期限切れ肉を混ぜていたことが発覚したのでもう中国産が一切信用できないレベルだ。
ペットフードなどでも死亡事例が相次ぐというのは恐怖以外の何者でもない。

大腸菌まみれの「蒸し鶏」、漂白剤が残存する「乾燥きくらげ」、下痢性貝毒に汚染された「冷凍あさり(むき身)」、猛毒のヒ素が検出された「清涼飲料水」もあった。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140724/frn1407241820008-n3.htm

『大腸菌まみれの「蒸し鶏」』
『漂白剤が残存する「乾燥きくらげ」』
下痢性貝毒に汚染された「冷凍あさり(むき身)とか、
『猛毒のヒ素が検出された「清涼飲料水」』とかもう既に食べ物では無い。
それでも中国産が安いので食べるというのであれば止めはしませんけども。

マクドナルド 新たな調達先必要か検討

7月26日 4時17分

中国・上海の食品加工会社が使用期限切れの食材を加工していたなどと指摘されている問題で、「日本マクドナルド」は、中国にあるほかの会社からも鶏肉の仕入れをやめ、25日、中国製の鶏肉を使った8つの商品の販売を中止しました。
日本マクドナルドは当面はすべてタイにある2つの加工会社から鶏肉を仕入れるとともに、今後、増産を求めるなどして商品の供給体制を維持する方針です。
ただ、タイの会社に頼った場合、商品によっては品薄になる可能性もあることから、タイの加工会社以外にも新たな仕入れ先が必要かどうか検討することにしています。今回のマクドナルドのように仕入れ先がひとつの国に集中した場合、天候の悪化などで商品が供給できなくなるおそれもあり、今後、外食チェーンや小売業者の間で材料の調達先を分散させる動きが広がることも予想されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140726/t10013307801000.html

タイでもそれはそれで目が届くのか?という不信感はぬぐえない。今回裏を書かれたことだってマクドナルドの監視ができていないからこそ不正が行われていたわけで、常識がある国で製造しないかぎりはマクドナルドのようなグローバル企業は死ぬだろう。人件費やコストを徹底的に下げた結果が食の安心を捨ててしまったのだろう。
食品で危険なもの

コメント

広告楽天ウィジェット