ネットでリテラシーが低いバカな大人

2017年3月31日

ネットでソーシャルメディアを使って、炎上する大学生や高校生がいたりするが、大の大人でも差別行為を堂々と行っているバカがいる。
言論の自由と差別をすき放題言う事は動議では無い。
日本人でも、2ちゃんねるのような匿名の場所での差別ではなくて、サイト上で実名と職歴のプロフィールを掲げて差別的な発言をしている人がこちら。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

PR

キャリアポルノは人生の無駄だ

キャリアポルノは人生の無駄だ http://wirelesswire.jp/london_wave/201211260725.html という記事
これは、「キャリア関連の本を読んだりセミナーに参加して自己陶酔している人はただの馬鹿」と、いいたいだけの記事のつもりなんでしょうけど、大半は、差別で多い尽くされている。

オナホで自家発電するのと同じですよ。要するに。意識高い学生や、キャリアセミナーなんかに通っているサラリーマンは、秋葉でオナホや等身大のダッチワイフを買って喜んでいるヲタクより恥ずかしいわけです。

http://wirelesswire.jp/london_wave/201211260725.html

この文章を書いた人↓

谷本 真由美(たにもと・まゆみ)
NTTデータ経営研究所にてコンサルティング業務に従事後、イタリアに渡る。ローマの国連食糧農業機関(FAO)にて情報通信官として勤務後、英国にて情報通信コンサルティングに従事。現在ロンドン在住。

http://wirelesswire.jp/london_wave/201211260725.html

この記事自体は、「意識高い学生や、キャリアセミナーなんかに通っているサラリーマンは、キャリアを積む方法論の本なんて読むのは無駄」だと言いたいだけの 自己満足記事なわけだが、関係が無い例を持ち出して侮蔑する行為が気持悪すぎて吐き気がする。
関係が無い他の層の人まで侮蔑するような記事で、対象の層を馬鹿にする記事コンテンツにどれだけの意味があるのか?

性交>オナホと考える意味不な価値基準

オナホでマスターベーションする人と、キャリア関連本むさぼっている人は、まったくジャンルも関連も存在しないし、別次元のジャンルすぎる。

  • オナホで自家発電することが悪いことなのか?
  • 手淫は OKなんだろうか?
  • この人の記事を見ていると、性交に励む事が普通かのような記事を書いている。
    「他にもっと楽しいことがあるし、性交が忙しいし、別のことに金を使うんですよ」という記載があるが避妊ありきなのか避妊は悪としているのかも分からない。そもそも子供をもうける為の性交と避妊が前提の性交とごっちゃにしている という分けないで「性交」が上位で、自慰は下位で侮蔑される行為なのだと考えている記事だとしたら、かなり、差別思想の人間なんだろうなぁと思う。
  • オナホのような自慰行為グッズを用いようと何で自慰していようと他人の性的な嗜好をどうこう蔑視する意味がそもそも無いはずなんだが。
    SEXにどっぷりと漬かるような生活が素晴らしいのだとしたら、これまたどうしたものかと・・・ねぇ。

    • 恋愛や性交がありきで考えている人が、自慰行為で満足している人を蔑む資格がどこにあるのだろうか?
    • パートナーがいれば素晴らしいことで、パートナーが居ない性行為は蔑まれることなのだろうか?
    • 異性との性交が素晴らしいものだとか誰が言った?
    • オナニーが蔑まされることなのか?

    器具を用いる事は恥ずかしいことだ と考えるのはこの人の価値観でしかなく器具を用いて自慰行為をすることが、蔑まれるべき行為だというのは差別的な思惑からに違いない。
    性風俗産業を推奨する思惑があるのか?
    それとも、成人してもパートナーが居ない人は異常だとでもいいたいわけなのだろうか?
    そもそも男性の若年時の性欲の強さは異常なまであり、自慰行為抜きで存在するというのは非効率すぎだと思うのだが。
    手淫だけはOKとしたとしてもねぇ・・・。オナホに走ることがあったとしてもそれが後ろ指さされる筋あいは無いだろう。

    こんな差別嗜好の大人でも、ロンドンで働けるのだとしたらイギリスの価値は疑うばかりである。
    少数派の人を馬鹿にして侮蔑した上で別の問題を糾弾しようとしても浅はかさが鼻に付くばかりである。

    キャリアを考えている人についてのバッシングもどうかとは思うが、性的なマイノリティーに対しても差別的な価値観を持っていると思われる、谷本 真由美(たにもと・まゆみ)という人物の記事の言い分の方がキモチワルイ。

    デブ・ブス・バカ・ゲイ腋の匂いが同列の意味不明さ

    欧州人は「いつか君も凄い人になれる」は偉大な嘘だとわかっているんです。

    デブはデブ、村のバカは村のバカ、ブスはブス、ゲイはゲイ、腋臭は腋臭。

    それは変えようのない事実なんです。

    http://wirelesswire.jp/london_wave/201211260725.html

    最初さらっと読んだときには「蛙の子は蛙と言いたかったのか?」と思ったが、内容が明らかに異なる。これらの単語に、共通点が無いのだ。これらは、全く馬鹿にしたいのか?としかどう考えても解釈できない。明にこの引用の2行目は不必要すぎる言葉でしかない。何故これらの単語の一覧なのかが意味不明でしかない。

    デブは食生活と運動の自己管理の問題だが、ゲイは性指向の問題でありこれも同列にすべきでは無い問題だ。
    ブス(不細工)は天然であれば、その人の責任では無いだろう或いは不細工だったら整形でもしろと言うのだろうか?。
    腋臭も風呂に入っていないのならその人の責任だが、体質だとしたら医療行為でしか治療できないわけで、根本的にその人が悪いわけでもない強烈にににおわないようにエチケット的な対策は必要だとは思うが・・・。

    これら全て要因が異なる物事を同等にディスっているのが明らかに反感を買う事でトラフィックを望んでいるような記事である。
    要するに炎上(反感を買う)することが前提だろう。

    デブは体質改善で直る。腋臭はワキガなら医療行為を受ければ治る。バカとブスに関しては、度合いと内容で異なるので一概には言えない。そもそも美的な価値観こそが人種や文化で異なるのだから、このことを問題として例に挙げるのであれば、度を越えている。

    ゲイに関しては、第3者がどうこういう問題ではなく、本人の性的指向で、一概には言えないのでこれも難しい問題。そのことを問題視するなら差別だ。ゲイはゲイと言っても、性的な指向は 細かくは、年齢や人によっても代わるケースもあるので一概に言えることでもそもそも無いのだから。

    この記事の内容に賛同している人は、隠された差別思想はスルーする層なんでしょうね。隠れている差別的な嗜好の文章が圧倒的に悪質な内容だと思うのだが。見てみないフリをする日本のいじめと似てますよね。

    ひとまずこの一文でもこの人(谷本 真由美という記事作成者)が、なんでもごっちゃ混ぜで混同して考えるバカだということは分かる。物事の分別が付かない知識水準でしか無い。

    こんな無為に人を差別するような記事を書く位であれば、3行で記事書いた方がよっぽど、ましだと思うんだが。

    むしろ本題の意味に関しては、賛同されている内容ではあるが半分以上の直接関係が無いディスっている内容が差別要素てんこ盛りつゆだくな状態で、どんぶりから油が溢れかえっている様が醜い。

    WirelessWire Newsって何

    この記事媒体が 初めてみるサイトだったのでメモっておく

    WirelessWire Newsとは
    ──これからの通信業界が目指すべき方向がわかるニュースサイト──
    通信業界は激動期を迎えています。通信技術先進国であったはずの日本のモバイル/テレコミュニケーション業界も、もはや国内マーケットだけでは次のビジネスを読みきれなくなっており、グローバルな観点での情報や戦略が必要となっています。また「AT&TからAppleへ」に象徴されるように、サービスや端末の販売事業者が通信のイニシアチブを握るという新しい競争も始まっています。そのような背景の中で、WirelessWire Newsは、世界のモバイル/テレコム状況を正確に捉えることで、新しいマーケットを再構築するためのヒントをタイムリーにご提供するためのメディアとして誕生しました。

    http://wirelesswire.jp/about.html
    グローバルな観点とかで差別・侮蔑記事のせていたらどうかと思うんですよね。
    キチガイ記事を載せているのは如何なものかと思うのでした。
    あるいはこのサイトは、インターネットでは侮蔑、差別を推進していくんでしょうかね・・・。
    通信業界 云々以前に人としてのありようが皆無だろうこのサイト。こんな差別記事、潰れてしまえばいいのに。

    リテラシー関連記事

    キーワードで理解する最新情報リテラシー 第4版 (最新情報リテラシーシリーズ)


    IT分野のキーワードをコンパクトに解説したハンドブックです。Facebookやスマートフォンのような最新のトピック、個人認証やフィッシングなどの
    利用上の注意点、ネットワークやコンピュータの基礎知識など、情報社会を生きるために必要な幅広いトピックを取り上げています。
    第4版ではFacebookなどの記述を追加したほか、iPhone4SやAndroid 4.0などの新製品に対応。
    そのほかのすべてのトピックも最新動向に合わせて内容を見直しました。

  • メーカー: 久野靖、辰己丈夫、佐藤義弘
  • 出版社: 日経BP社; 第4版
  • 発行日:2011/12/8
  • キーワードで理解する最新情報リテラシー 第4版