ヒッグス粒子は"神の粒子"とも呼ばれるとか

PDFとか読んでみたけど意味はちんぷんかんぷんでした。

 ヒッグス粒子は”神の粒子”とも呼ばれ、この宇宙ができて間もない頃、すべての素粒子に「質量」を与えた粒子であると考えられているが、いまだ発見には至っていない。もしヒッグス粒子があるとすれば、これまで「真空」と考えられていた状態であっても、そこにはヒッグス粒子で埋めつくされた「ヒッグス場」が存在することになり、これまでの概念がひっくり返る可能性がある。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw162337

  • 関連サイト
  • ・LHC実験の最新成果 – 会見資料(pdfファイル)
    http://info.nicovideo.jp/niconews/pdf/cern1.pdf
    ・CERNプレスリリースの和訳と英文 – 会見資料(pdfファイル)
    http://info.nicovideo.jp/niconews/pdf/cern2.pdf

    というか昨日のお昼に、記事かくネタが無いと話題にしていたところ、タイムリーなまでに記事があがってたのでややびっくり。
    http://www.facebook.com/nufufuk/posts/270080743041816
    にしてもCERNについてググってもいまいちちんぷんかんぷんなんですよねぇ。
    物理も化学も、中学生どまりという知識量なおいらにはさっぱり理解できないです。
    科学には興味が無いわけではないのですがまぁ・・・科学者はとてつもないですなぁ。

    コメント

    格安スマホ