知識が必要な理由

知識が必要な理由は様々だ。
知識は絶対的に必要。
言葉で考えると、人は話すことが出来ないとコミュニケーションが取れない。
理解することが出来ないと、疎通は出来ない。

想像力

0から想像出来る人は常人ではない。何も基礎知識なしで、何かを生み出せる人は神か天才だ。
一般人は知識の上積みで何かを考える。
火を知らない人が調理をすることは不可能ですし、パソコンの使い方すら知らない人がプログラムを作ったり行うことは出来ない。
極端な例えですが、基本的に様々な知識は最初に必要な物だ。

言葉はより多く必要

言葉も単語は実に多く、義務教育程度では日常会話の言語は問題ないがビジネスや各種専門分野になると更に単語は増える。日本では地域の方言を他所の人が聞いても意味がわからない単語は多い。
日本では現代では東京の言葉を共通語として用いている。
関西は大阪弁などですが、関西地域も細かな地域でイントネーションが異なっていたりする。これはどこの地方でも地域ごとに、さらに細かに分かれている。

世界で見ても言語は広い。
現代では英語に代表される外国語を日本語に置き換えた横文字や毎年出てくる流行語や、インターネットのスラングなどで、単語は日々増加していている。
常に学習していないと、現代の用語が理解できないということに直面する。
語彙や知識が少ない人と会話すると、大抵知識が少ない人が発奮して怒ることが多い。
こうなると目障りな人にしか思われないので、最低限度の知識は必要だ。
コミュニケーションスキル以前に言葉・会話が出来ないと成り立たないし、意思の疎通や各種機会のチャンスを逃してしまいます。
英語教材

知識か体験か

知識よりも体験の重要性を説く人が居るが、現代において、ありとあらゆる事をくまなく体験するには人生は短すぎるし、多分化しすぎているので、人類における全ての文化や仕事などを体験することは不可能だ。
このことは書籍やDVD、各種書物で議事的な意味合いを知ることや、共通しているジャンルの物事は置き換えて考えれば多少なりとも想像はつく。
しかし何故かオツムが弱い人ほど、必ずしも***はやっていないと話しにならないと言う絶対的な妄言に取り付かれているので係わり合いになりたくないと感じてしまう。
想像力の欠如や体育会系てきな筋肉脳になるとこういう事に陥りやすい。

本を読むこと

『書籍は読まない』ということは、知識を習得しないということの表れだ。
何も大学にいったり専門学校や資格取得で勉強しないといけないことは無い。
専門書や、各種専門ジャンルの物事について記載されているのは、
今のインターネットが普及した現代でも本であることには代わりが無い。
必ずしも本に正しいことが書いているとはいえない面も存在するが、インターネットの無料で公開されている情報よりは比較的信頼度が高いし情報量は多いことが在る。
オバカな事例⇒教師「ツイッターで炎上するから飲酒や犯罪自慢はダメですよ」

コメント

格安スマホ