全国JK制服着こなしというものがあったが、

制服のデザインは地域性がどうこうといった議論をたまに見かけるが、関東襟や名古屋衿とはいっても、制服自体のデザインは服飾のデザイナーに依頼している中からチョイスしたり、服飾の販売元が数パターン容易しているものの中から選択しているものが殆どなので、ここの地域がこうだ!などということは一概にはいえないだろう。むしろ「どこどこの地域の制服が可愛い」などという気持があるとすれば、これだと偏見である。

全国JK制服着こなし by さといも屋@紅楼夢か-27a on pixiv

繊維メーカーがセーラー服の生地などを一括で各種メーカーに提供していたりすることからも、標準服として用いられる素材自体は似通った物が流通していたりして独自の素材を採用しているところはごく稀である。既製服などYシャツやブラウスは定型のものを採用しているのが殆どだろう。

高校とか、併合とかでなくてもある時期を境に、制服のデザイン変えたりするようだが謎にも感じる。
基本的な学校制服なんぞ詰襟、セーラー服か、ブレザー型とシンプルなデザイン自体は変わっていないのに何故だかチェック柄だったり、タイやリボン等変えたりするのは生徒の意向なのだろうか?
過去に服飾の工場で女子制服を縫製していたことがあったが、むしろ日本国内で制服を作るとなると工賃は知らないが、普段作っている服飾の価格から考えるだけでも、コスト的に見合わない気がしてなら無い。裕福な高校などは、デザインも制服そのものも高価なんでしょうけどね・・・・。逆に高校無償化などで、月1万円程度減額されているようだし、親御さんは制服くらい高くても金をホイホイだしているんですかね。

コメント

格安スマホ