Windows7とメモリー|パソコン

Windows7の64bitOSでは128GBまで認識することが可能だ。

ただし、Windows7が発売した当時2009年度末は、メモリーが2GBのものでもDDR3は1枚5000円程度の価格であった。
これが2012年度には4GBメモリーが2000円台で買える価格水準になっている。
いまであれば、4GB×4枚の16GB挿しとか可能なわけですが、最近でもトリプルチャネルは見かけませんが、意外と大容量のメモリーを搭載可能になってきている。
ただしこれはデスクトップの場合である。
ノートPCなどでは最近のものでもメモリーが4GBしか搭載していないものが多い。
これでタブブラウザでたくさんタブを開いて動画サイトや各種サイトを閲覧しているとPCのメモリーキャッシュが簡単にパンクしてしまうのである。
Windows7になってもメモリー開放が必要なわけ
http://nufufu.com/archives/1894
このため積載メモリーが少ない場合には、メモリーを解放して空き容量をつくるか使用ソフトを減らしてメモリーの空きをつくらないといけないくなる。
それにしてもこのことに気づかず、利用しているPC利用者は意外と多いと思う。
PChttps://4m7.net/9beo/pc/

  • ノートパソコンhttps://4m7.net/9beo/pc/commercialproducts/
  • Windows8https://4m7.net/9beo/pc/windows8/
  • タイピング全国一位https://4m7.net/9beo/pc/taxcredits/
  • デュアルコアCPUとはhttps://4m7.net/9beo/pc/energysavings/
  • フリーソフトhttps://4m7.net/9beo/pc/freesoft/
  • ボイトレ録音機器https://4m7.net/9beo/pc/voice-training/
  • PCとインターネットで 絵が楽になった時代https://4m7.net/9beo/pc/pc-internet/