アイプチを使用する時の注意

アイプチは手軽に利用できますそのため、多くの人が愛用していますが使用する前に注意点をしっかり理解したうえで、覚えておくようにしたほうが良いです。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

アイプチは専用の接着剤を使用します、接着剤の成分によって目蓋の皮膚が刺激されることで赤くかぶれてしまったり、かゆみが出ることもあります。
肌が弱い人は事前に気を付けて使いましょう。
アイプチは通常のメイク落としでは落ちにくいので手でこすって落とそうとする人がいますが、皮膚や角質を傷付けてしまう原因にもなってしまう可能性もありますの。無暗にこすったりはしないように注意すること。
これらの事を繰り返し行なうことで皮膚が固くなったり、トラブルを起こしやすくなってしまう可能性もあります。

アイプチを利用するとメイクしにくくなるというデメリットもあります。
目が引っ張られるように感じて目をしっかり閉じることが出来ず目が乾いてくることもあります。アイプチをがっちり付けてしまうと目が不自然に引っ張られてしまい、アイプチの使用が他人に気付かれてしまうことがあります。
体質や個人差によもよりますが肌に合わないものを無理に付けることは控えたほうが良いです。

アイプチは濡らしてはいけませんので、汗をかいてアイプチが落ちてしまったりすることもあります。また、プールや海等では使用することが出来ないようです。アイプチの使用によって、まぶたが赤く腫れることがあります、腫れが気になりまぶたの重さを気にする為、アイプチの使用が止められなくなるというケースもあります。

違和感を感じたら医者へ

アイプチを利用して二重まぶたにしている人も多いと思いますが元々、目元は皮膚が柔らかく薄くできています。しかも神経が過敏な為かぶれや、かゆみを感じやすくなっています。アイプチは皮膚をくっつける液を使用しますので、かゆみなどが出やすいかもしれません。赤みが出ることもありますので、アイプチを利用した時には、目元をチェックしておきましょう。

アイプチを利用して目元に違和感を感じる場合や痒み等を感じるなど、気になる症状が出た場合には、すぐにアイプチの使用を止めて皮膚科の医師に診てもらうようにした方が良いです。赤く大きくまぶたが腫れてしまうこともありますので、早めの対処と治療が必要となります。強くこすったりする事も、まぶたが腫れる原因となりますので止めましょう。

アイプチは長時間使用すると、皮膚のトラブルを引き起こす原因となってしまいます。夜寝る前にアイプチをして、そのまま寝てしまうという人もいるようですが寝る前にはアイプチを使用しないようにしましょう。肌の弱い人はアイプチを利用することで、赤みなどが出やすくなることもあります。

毎日アイプチを使い続けると、瞼の皮膚が腫れるなど、皮膚トラブルが出やすくなりますので、定期的にアイプチの使用は止めてまぶたを休ませてあげるようにするほうが良いでしょう。まぶたが腫れてしまった時には、アイメイクなども控えるようにしましょう。