米スタバとアマゾン、グーグルを税金逃れと批判となっている記事が。

2016年3月31日

http://4484111160/” rel=”nofollow” target=”_blank”>I/51xDAp%2BA4AL.グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ ” align=”right” border=”0″ />
米スタバとアマゾン、グーグルを税金逃れと批判となっている記事があったのですが、税金の問題は本当各国でも様々な感じではありますが、ことグローバル企業を取り巻く環境としてはどうなんだろうと思う。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

米スタバとアマゾン、グーグルを税金逃れと批判-英議会委

  11月13日(ブルームバーグ):米スターバックス とアマゾン、グーグル の幹部は英議会が開いた公聴会で、複雑な会計手法を使い英国での税負担軽減を図っていると、議員らから批判を浴びた。

英議会の超党派議員で構成される決算委員会は、3社の英国での利益に関する説明に疑問を表明した。スターバックスのトロイ・アルステッド最高財務責任者(CFO)が、同社は英国で損失が続いていると主張すると、「本当とは思えない」と一蹴。また、アマゾンの公共政策担当ディレクター、アンドルー・セシル氏が英国での売り上げの詳細を明らかにするのを控えると、「信用できない」と切り返した。

マーガレット・ホッジ委員長(労働党)は12日、ロンドンで行われた公聴会でアマゾンのセシル氏に、「御社は英国で経済活動を営んでいるのに、ここで税金を支払っていない。十分な税金を英経済に還元していない」と述べた。

委員らは、アマゾンの昨年の欧州での売上高が91億ユーロ(約9200億円)だったのに対し利益が2000万ユーロだったことや、スターバックスが英国にとどまっている理由についても質問。幹部の証言は時折、委員の笑いを誘った。スターバックスは過去3年英国で法人税を払っておらず、同国に進出してからの15年間の大半で損失を計上している。グーグルが昨年支払った税金は600万ポンド(約7億5600万円)だった。http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDEN8P6S972J01.html

更新日時: 2012/11/13 12:29 JST となっているがこの話題日本でも過去にも出ているので、今更な感じがぬぐえない。
たしかいろんな国を経由して、最終的な売り上げでの税金を一番安い国で収めているというのがGoogleで
Amazonは、アメリカに納めているからほかの国では税金を納めないとか。
スターバックスに関しては知らんが・・・
どちらにしても、各国どんな国でも該当する地域での売り上げに関しては、自国に収めて欲しいのが常だとは思うものの、税金が高い糞みたいな国は意外と多いもので・・・・例えば日本とか・・・。
まぁ、国際的な会社が税金をどこに納めるべきかというのは国際的な指針が無い気がするので、どうなんだろうと思うよ。