韓国人の精神異常の比率1種類以上の人格障害があると疑われる人が71.2%

南朝鮮_
韓国や朝鮮というと火病という症状は世界保健機関のWHOにすら認定されている疾患が存在する地域だ。

有名所は火病

火病(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウラッピョン、朝: 울화병)は文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患[1]と指摘されている病気[2]。元来は環境要因による風土病と考えられている。韓国の会社員の35.2%が、好ましくない上司と後輩を見た時に、火病になる[3]。http://ja.wikipedia.org/wiki/火病

wikiを見た限りでは歴史的にこういう症状があるというのも恐ろしい。中国などにずっと支配・属国でいた歴史だったり女性を貢物にしていたり、etcな歴史があったことで揚げ足とりに掲げられていたりするが、ひとまず現代の韓国人の悪行から考えても、理解できてしまう印象がある。

現代の韓国においては徴兵制度や厳しい学歴主義社会と就職戦争。敗れれば、低賃金バイトですら搾取されまくって最低賃金もまともにもらえないという貧富の格差が歴然としている社会の様相でむごたらしい現実があるので、まぁオカシクなら無い方が異常な感じもする。

徴兵精度も追従して精神ダメージを加速しているのだろうと思う。

20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性

研究チームは、今回の調査で、12種類に分けて人格障害の有無を測定した結果、1種類以上の人格障害があると疑われる人71.2%に達した、と発表した。http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2003021117138

設問の内容から『それでも、他国より人格障害可能性の比率がずっと高い」と述べた。』という点もあり、危険度が高い事は揺らがない。