労働問題

お仕事

残業が月60時間を超えれば企業は原則50%以上の割増賃金を払う必要がある

“残業が月60時間を超えれば企業は原則50%以上の割増賃金を払う必要がある。” らしいのだが残業代の請求を小額訴訟でやったことはあったけれどもこの事は知らなかった。取りっぱぐれたかもしれない。 というか普通は残業手当2割五部だとか休出3割(...
お仕事

ロクデモ無い会社の見極め方

ロクデモ無い会社の見極め方というのは簡単。 会社名や、関連会社、社長や従業員の指名でロクな情報がヒットしなければロクでもない会社であることが多い。
お仕事

ブラックバイトがまかり通っているので被害学生ら労組結成へ

ブラックバイト:被害学生ら労組結成へという記事があったので、メモしておく
お仕事

自由の社畜

自由の社畜という替え歌が・・・ニコニコ動画に掲載されていたのでメモ。しかし日本という国は、社蓄とかサービス残業ですらネタ動画にして皮肉ってしまうのは、まぁ風刺としてもどうかと思ったり・・・。
NO IMAGE ブログ

「夫が職場のいじめで山に置き去りにされました」という記事が笑

普通に考えたら弁護士か、警察署か労働基準監督署に相談すべき事案だろうに。まぁ被害者本人の妻の書き込みだから所詮他人事(本人に降りかかった案件ではない)という視点のせいなんだろうか。どちらにしてもバカだと思う。 夫が職場のいじめで山に置き去り...
お仕事

ブラック企業を避けて働く?

ブラック企業を避けて働きたくないいと思う人は多いことでしょう。 しかしながら普通にブラック企業で働きたい!という人はいない筈なので こんなサービスが出てきているが、なんというか世の中終わりを告げている気がしてならない。
お仕事

牛丼の すき家がブラックな所

牛丼チェーン店って安い、早い、美味しい のでよく利用するのですが、牛丼1杯280円のゼンショーが運営する、すき家が相当ブラックなんですね。 まず労働問題。
お仕事

アルバイトでの労働問題

そういやちょっとした記事を見ていていやなことを思い出した。 バイトの給料を貰いにいったら蹴りをいれられたことがあった。数回である・・・。
お仕事

知って役立つ労働法と働くときに必要な基礎知識

厚生労働省のサイトにこういった内容のPDFがあったので、メモって置くとする 「知って役立つ労働法」~働くときに必要な基礎知識~を作成しました
お仕事

仕事で貰えるものを貰わない変すぎる行為

今まであってきた中で思ったことがある。 会社から貰える、支払ってもらう権利があるのにいともたやすく放棄する日本人がいかに多いことか。
NO IMAGE お仕事

契約を更新しないと人事担当者に言われたらどうするのか

ある日突然「**さん、来月から、契約更新しないから」とだけいわれてしまうことがある。 こういうときあなたはどうしますか? 思い当たる事が何もない場合等、突然前フリも無くこういう台詞と出くわすことはあります。素直に退社して次の仕事を探す気...
お仕事

労働条件の変更による賃金カットや諸問題の解決

一方的な労働条件の変更や賃金カットやサービス残業などという問題が長引く不況のためか日本各国多々あるようです。 こういう状況に遭遇したらあなたはどうしているでしょうか? 正しい対策方法はご存知じてすか?
お仕事

正社員から個人請負契約に切り替えられるケース

いつ会社を辞めても次の仕事に困らない。あるいは生活の糧は色々な手法で得られるという人ならいいのですが、 正社員から個人請負契約に切り替えられるケースで気をつけた方がよいことがあります。 このほかにもアルバイトから→業務委託に契約を変更す...
NO IMAGE お仕事

労働問題でも、裁判には何よりも証拠が必要です。

裁判にはなによりも証拠が必要です。 解雇についての紛争は、証拠に大きく左右されます。 誰が聞いても明らかに会社が悪い場合でも証拠がないと絶対に裁判は勝てない。 ですが証拠さえあれば裁判には勝てます。
NO IMAGE お仕事

会社の不条理と裁判官の無能な価値観

賃金をまともに支払はない会社は、ろくなものではありません。こういう会社をつついていくと、色んなホコリが出てきます。たたきすぎると正論であっても不条理な理由で解雇されます。解雇された後そのことを理由にハローワーク、労働基準監督署、労働局、裁判...
NO IMAGE お仕事

給与の支払いに対する考え方

個人経営の小規模の会社は除いて、そこそこの規模で、運営している会社の場合、私が思うに、そもそも残業が必須で残業割り増しなどが支払えないというのであれば基本給与を下げて、募集を出せばいいだけの話だと思います。 それすらも出来ずに、むしろ仕事...
お仕事

未払い賃金の請求方法と未払い給料の請求等

給与が支払われない、いつまでまっても一向に支払われない、契約と違う給与しかもらえない、不当な理由で解雇された等、賃金に関する問題は、不況のせいかわんさかあります。 そもそも会社には、労働者に賃金を支払う義務があります。