クレジットカード

2017年2月7日

クレジットカードは分割支払いが簡単にできたり、ネットショッピングで気軽に支払えたりするので重宝する支払い方法です。
最近ではクレジットカードが保有できない人でも、デビットカードのサービスを利用することで、分割こそできないものの、クレジットカードと同等のサービス利用がいろんな面で可能になっています。

スポンサード リンク


《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

クレジットカードの普及

元々現金支払いが多い日本においては、クレジットカードはあまり普及はしていなかったように思います。
ですが2000年以降の高速なインターネットの普及とともに発展したショッピングサイトの普及に伴い、クレジットカード支払いをする人が格段に増えました。
クレジットカードについて

携帯と決済サービス

日本では携帯電話がガラパゴス携帯と言われるように、独自の携帯文化と、携帯課金による支払いが可能で「お財布携帯」などという世界的には珍妙なサービス展開が発展していました。
しかしこれらはiPhoneの筆頭のスマートフォンの普及により、一反陰りが見え始めました。
いまでこそアンドロイドOSを搭載した端末で生き残りを考えているような携帯電話メーカーがあるような雰囲気ですが、一体とごまで課金サービスにまで固執するのだろうかと思うばかりです。

webマネー他決済手段

クレジットカードと同様にwebマネーなども増えましたが、Webマネーも購入するにはコンビニだったり振込みだったりという手間が発生する為、クレジット支払いのような利便性には如何しても劣ります。
逆にPaypalのような通貨サービスに関しては日本は金融庁が送金規制の観点からあまり好ましくないと思っているのか
いまいち発展することはありませんでした。
今後もクレジットカード支払いとそのサービスの需要は限りなく必要とされるサービスだと思います。