BTパートナー(マイクロアド)攻略として

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!BTパートナーのマイクロアドはサイバーエージェントのグループ会社の広告配信サービスである。
2ティア形式を採用しているので親になったら美味しそうに思っていたのですが、これが実際2008年くらいから実際に掲載して色々と試してみたのだが美味しくない。
バナーの掲載方法は、一度承認されればどのPC向けサイトにも広告配信可能なので便利だといえますが、致命的なデメリットがいくつかある。

BTパートナー(マイクロアド)の攻略方法

BTパートナーのマイクロアドの攻略するとすると、「バナータイプ」の選択と「掲載位置」と「カラー」だ。

  • バナー
  • バナーは「テキスト形式」か、「画像つき+テキスト」がある。
    特定条件化で、イメージタグですべて最大画像の広告が表示されることもあるらしいが、下っ端ユーザーのサイトではなかなか見かけない。
    サイズは大きいものが無難。
    小さいタイプのものはいまいちクリックされる感じがしない。小さいものを張っても大きいものを張っても、javascriptなので 3つのリンクでも1つでも初リンク数は変わらないのでどうせなら大きいほうが無難だと思う。
    バナーの種類では配信される広告の種類は大して変わらないようなので、画像つきかテキストかの2択だ。

  • 掲載位置
  • 記事下がクリック率は高いはずなのですが、残念ながらクリック率は低いことこの上ない。
    改善の使用が無いといえる。240サイズまでしか無いのも難点である。(広告サイズが小さい)
    よく見かける例としては、728Pxのバナーを上部に掲載しているものがありますが、
    果たしてクリックされるのかどうかは未知数です。

  • カラー
  • テキストやリンクのカラーです。カラーはブログなどの場合は、テンプレートのカラーに溶け込ませること。(バナーの背景は背景の色合いに、リンクテキストはリンクのカラーに合わせる)

  • フルイメージバナー広告で収益額&サイトランクアップ!!
  • これが意外と知られていない重要な要素。最初に提示したバナーサイズもここに通じる。
    2008年4月18日の記事にフルイメージバナーというものがあるが、これは見かけることは超まれ。1サイトで1日数万PVのサイトでたまたま468×60のフルイメージバナーを見かけたことがあったもののそうそう表示されるものでは無い。(ちなみに当方のサイトでフルイメージバナーが掲載されたことは無い)サイトランク等も詳細なことは記載されてはいないのですが参考までに覚えておくと良いと思う。

    ・タイプ…[横型A] 広告数…[2]
     テンプレートのサイズ…468×60
     配信されるフルイメージバナーサイズ…468×60
     
    ・タイプ…[横型B] 広告数…[4]
     テンプレートのサイズ…728×90
     配信されるフルイメージバナーサイズ…728×90
     
    ・タイプ…[ボックス型B] 広告数…[3]
     テンプレートのサイズ…200×260
     配信されるフルイメージバナーサイズ…200×200
     
    ・タイプ…[画像付き型D] 広告数…[3]
     テンプレートのサイズ…728×90
     配信されるフルイメージバナーサイズ…728×90
    http://blog.microad.jp/index.php/infomation/352

    この広告が今現在でも配信されているのかどうかは不明。適応広告サイズが増加したような記事や発表もその後されていない。

    換金方法でお得に

    換金は、PEXを使えばOK
    MicroAD→PEX→楽天銀行という手段で換金すれば手数料は50円で換金が可能だ。この方法以外では手数料だけでも稼ぐのに相当な苦労がかかるので注意したい。

    BTパートナーのマイクロアドのデメリット

  • 広告内容が商材の物が多い。
  • 正直コンバーションにつながるとは到底考えにくい。
    MLMのような広告がまじっているのも不安材料だといえる。このような商品ではサイトの信用も失墜する。

  • クリック率がとてつもなく低い。
  • 数千回表示されて1回の確立だ。広告配信形式を変えるつもりが運営に微塵も無い。一向に進化しない

  • 配信会社としてありえない致命傷
  • 2010年にマルウェア感染という失態。

  • ついでにこんな現象も

  • もういろいろとわけがわからないを。

    一向に改善されることが無い広告配信サービスであり、クリック率が年々下がっているのに比例して、クリック単価もどんどん下がっていって数千回に1回のクリックでも1クリック3円とかの報酬なので、他の手段をとったほうが圧倒的にメリットがあるといえる。

    明らかに運営がやる気が無いのが感じられる広告配信サービスだ。

    当然こんなサービスに広告出稿する会社もロクな物では無い気がしてならない。

    他の類似サービス

    Yahooアドもあるがあれは掲載が一度承認されても後々却下してくるのでお勧めできない。

    忍者アドというのもあるがこれはポイント獲得後1年間で換金できないと0になる(没収されるので鬼畜すぎる)。没収される道理が意味不明すぎる。こんなサービス内容で許されるのだろうか? 運営会社の「株式会社サムライファクトリー」という所はちょっと常識の外にいる機がしてならない。

    同様のサービスに過去にはぴたっとマッチが存在したが、楽天が買収後1年で廃止になった。
    ぴたっとマッチはそれなりに使えたのに残念でしかたない。というか楽天市場の買収が意味不明すぎる。

    他にも中小のクリック報酬型のサービスは色々とあるので探してみるのも手かも知れない。
    ただし出てきては消えていくようなサービスばかりなので、クリック広告の運営はどうも難しいのかもしれない。

    クリック報酬型の広告で、クリック率が無茶苦茶低く単価も数円なのにもかかわらず、「換金が最低ラインが、1万円から」といったふざけている様なサービス内容の物も結構見かけることがあるので注意されたし。

    結論

    マイクロアドをどんなに攻略しようとしても、たとえ1位になったとしても大して稼ぐことはできない。
    このことは証明されている。
    マナブ式!スーパーアフィリエイトという商材で1位で、1ヶ月間で7000円代というのが掲載されている。
    これが事実だとしたら、1ヶ月7000円が精一杯ということである。

    他にもMicroadは、1日、100万PV以上のサイトには、特別枠がある様子

    オンライン登録についてはサイトPVが1日100万PV未満のWEBサイト運営者様が対象となります。
    サイトPVが1日100万PV以上のWEBサイト運営者様は、以下よりお問い合わせください。

    推測だが、このケースに該当するサイトは、一般のランキングにはカウントされていないはずだ。もしもマンモスサイトがあるなら、この内容を試してみるといい。
    過去に見かけた記事では、月間数千万PVくらいのサイトがマイクロアド報酬で月18万円程度の報酬とかだった気がする。

    この人アドセンスも同時に掲載しているが、アドセンスだけのほうが利率がいい気がするのですが、アドセンスはアドセンス広告が3つしか掲載できないので+αでマイクロアドのバナータグ掲載しているそうな・・・。

    アドセンスが張れるのであればアドセンスが掲載できるサイトを作っていたほうがよっぽど労力に見合う。
    もしアドセンスの掲載ができないサイトだったとしてもBTパートナーのマイクロアドよりは他のアフィリエイトタグを掲載したほうがよっぽど利益率は高い気がするのでした。

    BTパートナー(マイクロアド)にこだわる必要性は労力の無駄。
    おまけ程度に考えるべきである。

    これで稼ぐと思ったらアドセンスだとその10倍以上は確実に稼げることを肝に免じておくべきです。

    コメント

    格安スマホ