情報の鮮度と重要性

情報の鮮度は非常に見極めが難しい。

書店に並ぶ情報は、新聞に次いで雑誌などは比較的新しいが新書などの単行本は鮮度が落ちる。
この点個人出版のAmazonなどのKindleのような電子書籍媒体は鮮度は早い。
情報商材も同様だろう。

スポンサード リンク

鮮度と有用性

しかし、鮮度そのものの有用性は異なる。
一般人に開放する情報はそもそも役に立つのか?ということ。
月収100万円稼げる方法が誰にでも実現可能なものなのだとしたら、何人もやとってピンハネしたほうが利益は上がる。それをしないのは何かしら理由があるのだろう。

古い⇒使えない情報

大抵開放や売りつける情報は鮮度が古い。
よっぽど親しい人間か信用できる人間に対してでないと、
稼げる情報なんぞホイホイ渡すわけが無い。

欺く行為が蔓延る理由

中には間違った情報や、今有効では無い方法、やったら不味い情報もさも当然に販売されていたりもする。
まぁ

  • 違法なドラッグでも販売する人間がいたりするように、
  • 俺俺詐欺の現金受け取りに10代の少年少女が使われていたり、
  • 詐欺的な行為と分かっていても出会い系サイトを運営していたり
  • 芸能人でも金さえもらえばペニーオークションの記事を書いたりする世の中なので、
  • 他人であるほど騙しても痛くないどころか、他人からなら幾らでも貪欲に金を奪おうとする狂気じみた世界だ。

情報の鮮度と中身を見極める事は相当、難易度は高い。

コメント

格安スマホ